投資、ビジネスなど仕組み化してお金を増やす方法

お金を自動的に増やすためには、お金に働いて貰わなければなりません。では、どうやって仕組みを作ればいいのでしょうか?
 
お金が増える仕組み

不労所得と言っても内容は千差万別。自分の得意なものは何かを考えてからチャレンジを。近づいて来る甘い誘惑に負けないように、信頼できる相談相手がいると安心ですね。

 

その仕組みの正体は「不労所得」

不労所得とは働かずに収入を得ることなのですが、とはいえ悪いことをして収入を得るのではなく、お金が入る仕組みを作ることを言います。不労所得にはいろいろありますが、最も身近で代表的なものが銀行から貰える利息です。

現在の金利は低いので実感はないかも知れませんが、バブル期の銀行の定期預金金利は7%ほど。つまり定期預金に1億円を1年間預けておくだけで700万円、税引き後の手取り額560万円を得ることができたのです。これなら十分に生活費の足しになりますよね。

今はこのような金利の商品はありませんが、多くのお金をより金利の高い金融商品に預けることで、不労所得とも言える利息を得られることができるのです。実のところ現在の銀行金利では不労所得を得ることは難しいかもしれませんが、外貨投資、株式投資等のリスク性のある金融商品であれば、売買してその利益で収入を得られることは可能かも?
 

ビジネスでお金を増やす

働いて得られる収入は限られるのですが、最近の副業の傾向として、自分の考えたビジネスの仕組みを他の人に売って収益を得るというビジネスがスキームが多く見られるようになりました。

仕組みを考えればあとは売るだけですので、まさに働かなくても(と言っても実際は売りますが)収入が得られるようになるわけです。

現在このようなスキームを販売している人は多く、甘い言葉で私たちを誘惑します。とはいえスキームを手に入れるだけで数十万円以上必要になるばかりか、後の成功は自分次第ですので甘い言葉ばかりを信じて投資するのは考え物です。

ただし良心的な主催者もいますので、無料の説明会やプレゼント特典を受け取って、自分が得意なことを基にオリジナルのスキームを作り出すことが得策です。

なかなかコンテンツが作れないという人もいますが、そのような人向けのコンテンツ作りを解説する高額セミナー等もあり、他人に頼れば頼るほど、お金がドンドン出ていってしまいます。これが相手方のスキームになっているわけです。どうしても申し込みたいと思うのなら、自分に必要なことなのか、お金はいくらかけられるのかを予め考えて、申し込むかどうかは慎重に。
 

知識の向上と得意なことを見極める

運用でお金を貯める仕組みを作りたいなら、日本のマーケットはもとより海外のマーケットや情報にも目を向ける必要があります。さらには運用に必要な知識やスキルが必要になりますので勉強する、努力する姿勢が大切です。

ビジネスを考えているのなら自分が好きなこと、得意なことから考えてみるとよいでしょう。自分が熟知していることならメリット・デメリットも熟知していると思いますし、誰がお客さんになるのかを知っているハズ。目新しいことをスタートするよりも成功しやすくなります。

お金が増える仕組みを一度作ってしまえば、定期的な見直しやメンテナンスを続けていくことで収入を得続けることが可能になります。無謀な挑戦もよいのですが、まずは足元を見つめて、自分のできることは何かを考えてからチャレンジしましょう。

【関連記事をチェック!】
リスクゼロで確実に不労所得を作る4ステップ
確実に不労所得を増やす「投資信託」の選び方
不労所得で生活するにはいくら必要?
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。