横河設計工房

横河 健[横河設計工房]

横河 健

「私が建築を思考するとき、彫刻を見るように建築の外形を捉えることはありません。形ではなくむしろ境界と領域について考え続けてきました。つまり、それが私にとっての建築なのです。」をポリーシーに、40年以上に渡り公共建築から住宅・別荘まで数多くの建築を幅広く設計しています。現在、武蔵野美術大学の建築学科客員教授として、後進の教育にも力を注いでいます。

横河設計工房
Tel.045-949-4900
http://www.kenyokogawa.co.jp/

横河 健 [Yokogawa Ken]

1970年 ワシントン州立大学交換留学生
1972年 日本大学芸術学部卒業
1972-1976年 黒川雅之建築設計事務所勤務
1976年 建築事務所クレヨン&アソシエイツ設立
1982年 横河設計工房設立
2001-2013年 日本大学芸術学部兼担講師
2001-2003年 日本大学研究所教授
2003-2013年 日本大学理工学部建築学科教授
2004-2006年 JIA日本建築家協会副会長
2008-2009年 日本建築学会代議員
2009-2011年 東京大学大学院非常勤講師
2014-2015年 日本大学理工学部建築学科特任教授
2016年~ 武蔵野美術大学建築学科客員教授

これまで登場した横河設計工房の住宅

[日本橋の竪穴住居]
[日本橋の竪穴住居]undefined横河 健[横河設計工房]

 

所在地:東京都中央区
構造・規模:鉄骨造 地上3階
竣工年月:2017年3月
敷地面積:41.32m2
建築面積:34.03m2
延床面積:90.25m2
設計・監理:横河設計工房
構造設計:梅沢建築構造研究所

記事:逆転の発想の3階建て狭小住宅[日本橋の竪穴住居]


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。