「前撮り」「別撮り」とは?

ロケーション撮影undefinedインクラインundefined桜

前撮りと異なり、フォトウェディングは結婚式を行わない代わりに写真撮影を行うウェディングスタイルです 写真提供:Goshi Photo

「前撮り」とは、挙式・披露パーティの当日以外に写真撮影をすること。「別撮り」や、式場以外で撮影する「ロケーションフォト(ロケフォト)」など、撮影スタイル等によって呼び名が違うこともありますが、挙式日以外の日に撮影するため「前撮り」と呼ばれることが多いフォトプランです。今や七五三や成人式でも当たり前の前撮りですが、結婚式に対する考え方もさまざまなので、前撮りを“やる”“やらない”はカップルによります。

「ゼクシィ結婚トレンド調査2017」によると、結婚式の前撮り・別撮りをおこなったカップルは約64%。半数以上の花婿花嫁が前撮りを行っています。挙式・披露パーティ当日は、驚くほどあっという間に時間が過ぎていくため、ゆっくり写真が撮れる前撮りは年々、増加傾向。前撮りの格安プランを提供するフォトスタジオも増えたので、手軽に前撮りができるようになりました。ちなみに、前撮りで人気の衣装は「色打掛」。それ以外には「ウェディングドレス」「白無垢」といった“花嫁らしい”衣装が人気です。(ゼクシィ 結婚トレンド調査2017 全国 調べ)


結婚式前撮りのメリット

ロケーション撮影undefined前撮り

一面のコスモスの中で撮影できるのもロケーション撮影ならでは!  写真提供:Goshi Photo

  • 結婚式当日に着られない衣装、迷った衣装で撮影ができる
  • ゆっくり撮影ができるので表情が良くなる
  • 当日に比べカット数も多く、ゆっくり撮影ができる
  • ウェルカムボード、映像演出などに写真を使える
  • ヘアメイクリハーサルと兼ねることができる
  • 結婚式当日と異なる季節の写真が残せる。
  • 式場の至る所で撮影ができる、または式場以外で撮影ができる

結婚式場やスタジオによって前撮りプランの内容は異なりますが、一般的に考えられる前撮りのメリットは、衣装と撮影に時間をかけられること。また結婚式のシーズン以外の写真が残せるのも前撮りの大きなメリット。たとえば春夏に結婚式予定の花婿花嫁なら、梅や桜の時期に和装の前撮りをするなど、結婚式の写真とはまた違った趣きの写真が残せます。


結婚式前撮りのデメリット

前撮り

ガーランドやフォトプロップスを持ち込んでの撮影ももちろんOKです

  • 費用がかかる
  • 前撮りをするために日程を確保する必要がある
  • 当日よりたくさん写真を撮るため、撮影時間がかかる
  • ロケーションフォト(ロケフォト)なら天候に左右される
  • プランによっては衣装代が別途かかる
  • カット数が多いため、いろんな写真をつい購入してしまう

前撮りのデメリットで1番に考えられるのは費用面ですが、日程を含め、前撮りをするために時間の確保が必要なのも意外と負担になります。


前撮りをやった方がいいのはこんな花婿花嫁

前撮りundefinedゴシフォト

和装はやはり写真だけでも残したい日本の花嫁ならではの姿です 写真提供:Goshi Photo

  • 当日に着る衣装以外にも着たいドレス・和装がある
  • 結婚式で和装を着ない
  • お酒を飲むと顔が赤くなる
  • ウェルカムボードや映像演出などに写真を使いたい
  • 写真撮影がどちらかというと苦手
  • 桜や紅葉、クリスマスなど、特定の季節で写真撮影をしたい
  • 挙式会場、披露宴会場以外でも写真を撮影したい
  • 親御様やご家族が希望している

前撮りのメリット&デメリットを踏まえた上で、前撮りをやった方が良いカップルは、衣装にこだわりがある花嫁。結婚式当日に和装を着ない花嫁さまは、せっかくの機会なので前撮りで和装姿を残しておくと良いかもしれません。

披露宴・披露パーティで流す映像や、席次表などのペーパーアイテムに写真を使いたい花婿花嫁は早めに前撮りをしておきましょう。最近はiPhoneやスマホで簡単にムービーの編集ができるため、映像演出も自分たちで制作されるカップルも増えています。もし映像も自分たちで作るなら、なおさら前撮りはオススメ。ヘアメイクシーンや前撮り撮影中などのオフショットもiPhoneやスマホで撮影しておけば、ムービー作りの際、素材に困ることはありません。

またお酒を飲んで顔が赤くなる花婿花嫁さまなら、披露パーティ中に着る衣装だけでも前撮りしておくと安心です。さらに写真撮影が苦手な方ほど、前撮りはオススメ。当日の撮影に比べて時間をかけて撮影するため、徐々に写真を撮られることにも慣れてきます。カット数も多いので、数ある中から写真を選ぶことができるのも写真が苦手な花婿花嫁には安心です。


結婚式の前撮りはいつする?

前撮りundefinedゴシフォト

春の桜、初夏の新緑、秋の紅葉、冬の雪景色など、ロケーション撮影をするならあえて結婚式当日とは異なる季節に前撮りするのもオススメです 写真提供:Goshi Photo

前撮りは挙式・披露パーティの約1~2ヶ月前におこなわれることが一般的。衣装が決まらないと撮影できないので、おのずと当日の衣装が決まる時期になります。式場での前撮りプランならヘアメイクリハーサルを兼ねていることも多く、結婚準備のやるべきことが一気に進みますよ。1ヶ月前を過ぎてからの前撮り撮影も可能ですが、結婚式の1ヶ月前といえば招待状の返信はがきが返ってくるころ。結婚式の準備がもっとも忙しくなる時なので、1ヶ月前までに前撮りを済ませておくと準備に余裕がでます。

前撮りの衣装が当日の衣装と異なる場合、もっと早い時期に写真撮影をすることもできます。たとえば、結婚式では着ない和装だけの前撮りなら半年前でもOK。映像や、ペーパーアイテムなどで使用するなら早めに撮影しておくとスムーズです。特に自分たちで制作する場合は特に、早めの前撮り撮影がオススメです。



前撮りの費用はいくらかかる?

前撮りundefinedフォトスタジオ

費用が気になるなら、式場以外のフォトスタジオの前撮りプランもチェックしましょう

前撮り(スタジオ撮影)をおこなったカップルがかけた費用の平均は12.7万円。ロケーションフォトになると13.7万円でした(ゼクシィ 結婚トレンド調査2017 首都圏 調べ)。前撮りプランにも5,000円ほどのリーズナブルなプランあれば、30万円ほどのプランを提案しているところもありピンからキリ。スタジオでの撮影は平均的にリーズナブル、ロケーションフォトはどちらかというと高額傾向です。

もし当日、和装を着ないから「和装の前撮りだけしたい」といった希望であれば、フォトスタジオなどが衣装・着付けヘアメイク込みで格安なプランを提案ししています。前撮りは必ずしも挙式をあげる式場でやる必要はないので、式場以外のサービスも上手に利用しましょう。


前撮りプランのチェックポイント

ロケーションフォトundefinedインクライン

前撮りプランは料金と内容の比較を忘れずに 写真提供:Goshi Photo

前撮りプランに料金に幅があるように、内容もさまざまなタイプがあるので注意が必要です。衣装分野で確認すべき点は、前撮りプランの中に衣装代やヘアメイク・着付け代が含まれているかどうか。かつらやかんざし、小物類などが含まれているかも併せてチェックしておきましょう。

またプラン、パケージには写真が何枚付いているのか、焼き増し・追加はいくらなのか、追加料金も確認すること。追加が多いと格安プランのつもりが予算オーバーになることも。衣装を選べるプランであれば、サイズ展開や選べる範囲も聞いておきましょう。

前撮りはホテル・ゲストハウスなどの結婚式場や、ドレスショップのプラン、提携店でのプランを利用することができますが、外部のカメラマンやフォトスタジオで撮ってもらうこともできます。ロケーションフォトは特にさまざまな特色あるプランが多いので、内容と料金をよく比較して決定しましょう。


【写真提供】
Goshi Photo


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。