残りの人生を考えたら、スペックより人柄を重視したほうがいい

undefined

「私に合うパートナーは、どんな人だろう?」条件のよさよりも、釣り合いが取れて人柄の合う人を選ぶほうがベストです。

ただでさえマッチングできる男性の絶対数が少ないのに、女性側であまり多くの条件を掲げていたら、マッチングできる確率は減るばかり。

理想を掲げたくなる気持ちはわかります。誰だって自分にとってベストな相手と結婚したいもの。「この歳まで待ったからこそ妥協したくない」という人もいるでしょう。

ただ、大人だからこそ「現実」から目を背けないことも大事。

大人の女性に多いのは、婚活で知り合った男性と初デートのとき、厳しいジャッジをしてしまうこと。
「デート向きのお店じゃなかった」「ワリカンを提示された」「話が弾まなかった」「リードしてくれなかった」それらはすべて、男性に対し受け身で接していることが原因です。

婚活市場には、女性慣れしていない男性が多く存在します。
出会いを次に繋げられない、アプローチの仕方がわからない、恋愛経験が少ない……など「婚活をしなければ伴侶に出会えないかもしれない」からこそ、彼らは婚活パーティーやマッチングサイトや結婚相談所を頼るのです。

恋愛下手な男性を排除してしまったら、婚活市場におけるマッチングはさらに難しくなります。

そもそも恋愛経験多数でテクニックやアプローチスキルもある男性はモテるので、あえて婚活する必要もありません。仮にそのような男性と出会えたとしても、相手は婚活目的ではない可能性も (少数派ですが、エッチ目的で潜入している男性もいます)。

スペックについても「釣り合い」を基準にしたほうが、出会える確率はアップします。

大人同士の結婚においては、相手に寄りかかるのではなくお互い自立している関係を求めるもの。後半の人生を一緒に歩く伴侶には、あなたと合う価値観や生活スタイル、人柄を重視するほうが失敗がありません。

「どうして自分は結婚したいのか」という根本の目的まで妥協する必要はありませんが、どうしても外せない条件以外は「あればラッキー」くらいに捉え、あとはデートを重ねるうちに感じるフィーリングで見極めてみましょう。