2018年のトレンドメイクにはリップグロスが必須!

リップメイクにも輝き、ツヤ、潤い、透明感を入れよう

リップメイクにも輝き、ツヤ、潤い、透明感を入れよう

ここ数年、赤リップやマットリップといった口紅が主役のメイクが流行し、10代~30代を中心に大ブレイクした。そのトレンドも昨年の冬ごろから徐々に変化してきて、この春、注目すべきは、みずみずしいツヤ感のあるグロス。
リップグロスは口紅と比べて、何より軽やかに仕上がるのが大きな差である。ブラシでさっとひと塗りするだけで、素の唇となじみ、ナチュラルに色づく。マットリップのように唇を主張しすぎず、顔全体に明るさやツヤを引き出すというメイク効果がある。

春のメイクのキーワードは、輝き、ツヤ、潤い、透明感。これは、アイメイクにしてもベースメイクにしても言えることで、もちろんリップメイクにも当てはまる。じつは、この4つをすべてクリアしているのがリップグロス。つまり、リップグロスを取り入れれば、春のトレンドメイクはほぼ完成しているようなもの。色味については、ゴールド、コーラル、ベージュ、レッドなどがおすすめ。

クレ・ド・ポー ボーテ┃女性の魅力が開花する

ひと塗りで顔色がぱっと冴えるリップグロス

ひと塗りで顔色がぱっと冴えるリップグロス

ラグジュアリーブランド「クレ・ド・ポー ボーテ」から待望のリップグロスが登場。大人がつけることを想定しているだけあって、控えめなツヤがとても洗練されていて上品な仕上がりだ。透明感がありながらも、血色感もきちんと引き出してくれるので、ひと塗りでぱっと顔色の印象が変わり、明るく、冴えた表情に。オフィスではベージュやコーラル系で引き締め、会社帰りはレッド系にチェンジするなど、TPOで使い分けるのも楽しい。

ブリアンアレーブルエクラ 全8色 ¥4000(税抜)/資生堂インターナショナル(0120-81-4710)

SUQQU┃品格のある大人の女性に捧げる

薄膜の仕上がりで、品のいい唇に仕上がる

薄膜の仕上がりで、品のいい唇に仕上がる

新製品発表会の時に大注目されたリップグロス。みずみずしく伸び広がるオイルが優秀で、ベタつきを一切感じさせない見事な仕上がりだ。平面になりがちな唇にをさりげなく立体感を引き出す。また、見たままの発色色と透明感が唇に宿る。ベージュ、ピンク、レッドとカラーも豊富で、さまざまなシーンに活躍する。

フロウレス リップ グロス 新色10色(限定色はすでに完売)¥3500(税抜)/SUQQU(0120-988-761)

ジバンシイ┃ひと塗りでおしゃれ顔にスイッチ

発色の良さが目を引くジバンシイのリップグロス

発色の良さが目を引くジバンシイのリップグロス

アンテルディシリーズから、リップグロスが登場。ワンストロークで立体感が生まれ、「ジバンシイ」ならではの発色の良さも美しい。全12色のうち、うち3色は肌のpHで変化する効果があり、つける人によって色の変化が楽しめる。しっかりと発色させたい時は、何度か重ね塗りをしてみて。また、アプリケーターにも注目してほしい。GIVENCHYのGのロゴをかたどったオリジナルのデザインで、これにはGlossy(グロッシー)、Glamour(グラマー)、Guilty(罪深い)のGの意味も込められているそう。見た目通りの発色もさすが。メイクポーチに忍ばせるだけで、女っぷりが上がる!

グロス・アンテルディ 全12色 ¥3700(税抜)/パルファム ジバンシイ[LVMHフレグランスブランズ](03-3264-3941)

アディクション┃ピュアでモダンな唇にスイッチ

リップグロスだけでメイクが決まるアディクション。

リップグロスだけでメイクが決まるアディクション。写真は012 Dear Liar ディアライアー

グロスを塗っていることを忘れそうなぐらい軽いテクスチャーがとにかく新鮮。透明感の高いクリアな発色が美しく、みずみずしいツヤ感も長時間キープ。全10色の展開で、アディクションらしいモードなピンク系がおすすめ。軽い仕上がりが好みで、なおかつベタッとしないグロスを探している人にぴったり。アディクションはリップグロスとお揃いのネイルポリッシュも揃っているので、唇と指先をコーディネイトすると、ワンランク上の春メイクが楽しめる。

アディクション リップグロス ピュア 20 ¥2500(税抜)/アディクション ビューティ(0120-586-863)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。