メルカリでブロックする/されたらどうなる?

トラブルに巻き込まれないようにブロック機能を使うのも手

メルカリでトラブルに巻き込まれないようにブロック機能を使うのも手

不特定多数のユーザーが登録しているメルカリでは、ちょっと困ったなと感じてしまう取引相手もいます。大きなトラブルになってしまった場合はもちろんですが、同じようなトラブルを未然に防ぐ意味でも、そういう相手との取引は避けたいもの。また、評価が極端に悪いユーザーも取引相手としては考えものです。そう思ったときに使えるのがブロック機能です。

特定のユーザーをブロックすることによって、取引だけではなくて取引前のやり取りも制限できます。具体的にどういった制限がかかるのかというと、以下の4つです。
 
  1. 商品への「いいね!」ができなくなる
  2. コメントを書き込めなくなる
  3. 商品を購入できなくなる
  4. フォローができなくなる

つまり、ブロックした相手が何らかのアクションを起こしたとき、かなり制限がかかってしまうということです。ただしブロックをした相手でも、自分の出品物を見ることはできます。
 

メルカリで相手をブロックする方法・解除する方法

ブロックは、相手のプロフィールや商品が表示される画面から行うことができます。右上の「…」をタッチします(筆者はiPhoneを使っています)。
 
右上の「・・・」からブロックができる

右上の「…」からブロックができる

「この会員をブロック」を選びます。
「この会員をブロック」を選ぶ

「この会員をブロック」を選ぶ

この後で、本当にブロックしますか? という内容の確認が表示されるので、「はい」を選ぶとブロックできます。

逆に解除をするときもやり方は同じです。「…」をタッチすると「ブロックを解除」が出てくるので、それを選択すればいいのです。
 

ブロックすると相手は分かるの?

ユーザーをブロックしたとき、相手に通知がいくのか?と不安になるかもしれません。でも、相手にお知らせがいくことはないので、安心してください。ただ、ブロックされたユーザーが自分の出品物に「いいね!」やコメント、購入をしようとしたときに、ブロックされていることがわかってしまいます。「出品者よりブロックされているため、この商品へのコメント、購入、いいね!、フォローはできません」と表示が出てくるからです。

ブロックされた方は、最初は驚くかもしれませんが、なぜブロックされているのか、ある程度理由もわかっていると思います。コンタクトができない状態になっているので、嫌がらせをされることもありませんから、取引したくないユーザーはブロックをしておいた方が無難といえます。
 

ブロックした人の一覧はある?

自分がブロックした人が誰なのかは、「マイページ→個人情報設定→ブロックした一覧」で確認できます。
マイページからブロックした人を確認

マイページからブロックした人を確認

メルカリにはたくさんのユーザーがいるので、なかには「ちょっと嫌だな」と思う人が出てくるかもしれません。そんなときには、自分を守るためにもブロック機能を使っていきましょう。

 

【メルカリの使い方おすすめ記事】
メルカリの支払い方法の種類と比較!手数料に要注意
メルカリの使い方を徹底解説! 始め方を出品/購入別に分かりやすく紹介
メルカリ発送方法の種類と比較! 安いのは?
メルカリで即売れる10のコツ!
メルカリで売れないのはなぜ? 
メルカリで多いトラブル事例8選! 回避策や対処法
メルカリでいいねがつく意味とついても売れない理由
メルカリ出品禁止物一覧の調べ方や知らないと利用制限になってしまう物


【こちらもチェック!】
メルカリの専用出品とは? やり方や「横取り」されてしまう理由とは…
メルカリでのコメントのやり取り。しつこいユーザーにやたら絡まれたらどうすればいい?
メルカリで商品が購入されたのに商品代金が支払われない。理由は?
メルカリのちょっと変わったトラブル「発送前に受取評価の要求」。対処法は?
メルカリで発送した商品が戻ってきてしまった! そんなときどうすればいい?
メルカリで商品が発送されない時の原因と対処法! 発送しない理由は? わざと?
メルカリの「取り置き」とは? 頼まれたときの断り方・例文や注意点

 

■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。