undefined

いくら公認のカップルとはいえ、同じ職場の場合は注意が必要。仕事中にプライベートは持ち込まないで。

周囲に気を遣わせないよう配慮するのが、友達カップルのマナー

こちらの記事では、告白されてから交際スタートするまでに生じる悩みや迷いごとについて指南しました。今回は、交際がスタートしてから注意したほうがいいポイントについてお話します。

友達同士から恋人へと進展したカップルが他のカップルと違うのは、共通の友達がいることです。職場など仕事仲間であれば、同僚や上司といった「友達より気を遣う」関係の人も無視するわけにはいきません。

何よりも一番気をつけるべきは「普通である」こと。これまでと変わらず接することで、周囲も余計な気を遣わずに済むのです。

逆に一番よくないのは、恋人と仲のいい異性の友達に対し、好戦的になってしまうこと。
友達はこれまでと同じように接しているはず。なのにあなたの目には「自分より仲良さそう」に見えてしまうのでしょう。

無用な嫉妬心はグループ間の空気を悪くします。いくらあなたがAくんの恋人になったからといって、Aくんはあなたの所有物ではありません。
友達だった頃は相手のパーソナリティーを尊重できたのに、恋人になった途端「自分のモノ」扱いするように変化していないか、振り返ってみましょう。

undefined

仲間でキャンプへ。彼氏と女友達が親しくしているからといって、ヤキモチを妬くのはほどほどに。

カップルのいざこざに巻き込んだら、友情にもヒビが入る

また、共通の友達が多いカップルにありがちなのが、恋人との悩みを「恋人をよく知る友人」に相談してしまうこと。
友達だからこそ断り切れず、知りたくもない友人(あなたにとっては恋人)のプライベートな事情を聞かされるなんて、たまったもんじゃありません。逆に噂好きな友人に相談しようものなら、いくら内緒だと約束しても、翌日にはグループ内に言いふらされる可能性も。

人の口に戸は立てられないもの。相談だけでなく、軽々しく恋人の悪口を言ったり愚痴をこぼづのは慎んで。ケンカしたときに「どっちが正しいか」を共通の友人にジャッジさせるのもご法度です。カップルの揉め事には巻き込まないこと。