絶対的人気の韓国ラブコメドラマ おすすめ10選

女性なら誰でも憧れるロマンチックなシチュエーションが満載のラブコメは、女性視聴者に絶大な人気のジャンル。その中から、ちょっと古めだけど今見てもおもしろい傑作から、韓国で話題を呼んだ最新作まで、胸キュン必至の作品10選をご紹介します。


幽霊が乗り移ったヒロインがとにかくキュート
「ああ、私の幽霊さま」

生まれた時から霊感が強いゆえに、いつもおどおどしているレストラン見習い補助のボンソン(パク・ボヨン)は、ひょんなことから、ちょっとエッチな“ワケあり”幽霊スネ(キム・スルギ)に取り憑かれて、大胆な女の子に大変身。カリスマシェフとして名高いソヌ(チョ・ジョンソク)は、急変した部下ボンソンに惹かれていく……というストーリー。

「ああ、私の幽霊さま」(画像はAmazonより:http://amzn.asia/56joKhA)

「ああ、私の幽霊さま」(画像はAmazonより:http://amzn.asia/56joKhA

幽霊に取り憑かれたときと、自分に戻ったときの2つの顔を演じわけるボンソン役のパク・ボヨンがとにかくキュート。そんな彼女に振り回されるソヌ役のチョ・ジョンソクのツンデレぶりもたまりません。

「ああ、私の幽霊さま」公式サイト

 

小さい身体なのに怪力の女子が御曹司のボディーガードに!
「力の強い女ト・ボンスン」

こちらもパク・ボヨンの主演作。目鼻立ちのはっきりした美女が多い韓国女優の中で、小柄でちょっと垂れ気味の目が愛らしいパク・ボヨンは、女性からの好感度もバツグン。そんな彼女が、先天的にとんでもない怪力を持つヒロイン・ボンスン役に。小さな体なのに、強いというギャップがなんとも痛快です。

やがて、その能力を知ったゲーム会社の御曹司ミンヒョク(パク・ヒョンシク)のボディーガードとして雇われるうちに、事件に巻き込まれていくのですが、そこにボンスンが片思いしている刑事グクドゥ(ジス)も絡んでいき、サスペンス要素も加わってさらにおもしろくなります。ミンヒョク役のパク・ヒョンシクはアイドル出身で、麗しいルックスも見どころです。

「力の強い女ト・ボンスン」紹介サイト衛星劇場


人気急上昇中のソンフンがツンデレ御曹司を演じる王道ラブコメ
「じれったいロマンス」

ワンナイトラブで出会った2人の男女が、本部長と社員食堂の新人栄養士として再開し繰り広げられるラブコメディ。立て続けにラブコメへ出演して人気急上昇中のソンフンは、韓流ライター仲間の間で、ポストパク・シフと囁かれる俳優。最近、線が細めの俳優が多いとお嘆きの女性なら、ちょっと濃いめの顔立ちでがっちり体系の彼に惹かれること間違いなしです。

「じれったいロマンス」(Amazon:http://amzn.asia/f7kMMlm)

「じれったいロマンス」(Amazon:http://amzn.asia/f7kMMlm

神経質で傲慢な御曹司が、自分の専属栄養士として雇ったヒロインにあれこれと注文をつけて、いじわるをするのですが、好きな子に相手にして欲しい幼稚な発想が母性本能をくすぐります。ヒロイン役のソン・ジウンも元アイドルで愛らしさ抜群。シンプルなストーリーで、気軽に楽しめるのもポイント。王道のラブコメが見たいという人におすすめです。

「じれったいロマンス」紹介サイトDATV

 

 

記憶喪失のイケメン御曹司&ド田舎出身の純朴女子カップルにほっこり
「ショッピング王ルイ」

趣味はショッピングで、何不自由なく暮らしていた財閥の御曹司ルイ(ソ・イングク)は記憶を失ってホームレスに。そんな彼を助けたのは家出した弟を探すために上京したド田舎の少女ボクシル(ナム・ジヒョン)。お金のない2人は仕方なく同居生活をすることになるのですが、社会性のないルイは役立たずで、ボクシルに迷惑をかけてばかり。それでも、ルイを見捨てることのない思いやりのあるボクシルと、そんなボクシルが大好きで子犬のようにあとをついてまわるルイ。2人のやりとりがかわいくて、思わずニヤニヤしてしまいます。

「ショッピング王ルイ」(画像はAmazonより:http://amzn.asia/8PGDvs9)

「ショッピング王ルイ」(画像はAmazonより:http://amzn.asia/8PGDvs9

うぶな2人ゆえに濃厚なラブシーンはないのですが、それが逆に萌え度を加速するから不思議。また、ボクシルの人柄に惹かれてあしながおじさん的な役割をする上司ジュンウォン(ユン・サンヒョン)のキャラも魅力的です。

「ショッピング王ルイ」紹介サイトKNT

 

古き良き時代の友情、恋愛、家族愛を描いた韓国版「ALWAYS 三丁目の夕日」
「恋のスケッチ~応答せよ1988~」

韓国の古き良き時代を舞台にして大好評を得たドラマ「応答せよ1997」「応答せよ1994」に続く「応答せよ」シリーズの第3弾「恋のスケッチ~応答せよ1988~」。当時のカルチャーを盛り込みつつ、青春時代ならではの甘酸っぱい友情や恋を描いたストーリーが「応答せよ」シリーズの魅力。

「恋のスケッチ ~応答せよ1988~」(画像はAmazonより:http://amzn.asia/d4aKxA8)

「恋のスケッチ ~応答せよ1988~」(画像はAmazonより:http://amzn.asia/d4aKxA8

3作品すべておもしろいのですが、第3弾は前2作からさらにパワーアップし、恋愛面はもちろん、物資があふれていない素朴な時代ならではの家族愛にもスポットが当てられ、より日本人にも共感しやすい内容になっています。「ALWAYS 三丁目の夕日」に恋愛要素をたっぷり盛り込んだような作品といった感じでしょうか。

そして「応答せよ」シリーズの共通のおもしろさは、ヒロインの夫探し。冒頭に現在のヒロインが登場し、幼なじみの中に夫がいることが明かされ、タイトルになっている時代と現在の間を行き来しながら、未来の夫が誰なのかを明らかにしていく楽しみもあります。

「恋のスケッチ~応答せよ1988~」公式サイト


 

人気脚本家が手がけた、鬼が主人公の笑って泣けるファンタジーラブコメ
「トッケビ(原題)」


「シークレットガーデン」「紳士の品格」「相続者たち」「太陽の末裔」というヒット作を世に送り出した超人気脚本家キム・ウンスクの作品。ケーブルテレビとしては異例の最高視聴率20.5%を記録し、2016年最大の話題作となったファンタジーラブコメ。タイトルの「トッケビ」とは、韓国語で鬼のこと。高麗時代に呪いをかけられて、永遠に生きながらえる鬼になってしまった将軍キム・シン(コン・ユ)と、霊が見える女子高生ウンタク(キム・ゴウン)との数奇な因縁と恋を描いた作品です。

鬼と人間の恋ゆえのせつないストーリーと、CGを交えた神秘的な映像美が見どころですが、ウィットに富んだセリフ使いが特徴のキム・ウンスクならではのユーモアが随所にちりばめられ、笑って泣ける作品に仕上がっています。鬼役のコン・ユは本作で国民的な人気俳優に。ヒロインのキム・ゴウンは、一重まぶたの地味顏なのですが、ナチュラルな笑顔で視聴者に愛されました。

トッケビ(原題)紹介サイトMnet


恋の甘い罠にかかった女子大生に共感度100%
「恋はチーズ・イン・ザ・トラップ」

原作は同名のWEB漫画。平凡な女子大生ソル(キム・ゴウン)は、誰もが認めるルックスも性格も完璧な先輩ユ・ジョン(パク・ヘジン)の冷酷な裏の顏を知ってしまったことをきっかけに、なぜか彼の熱烈なアプローチを受けることに。本心がわからないミステリアスな彼の行動に戸惑いつつも惹かれていくソル。一方、ユ・ジョンとは犬猿の仲である幼なじみのイノ(ソ・ガンジュン)もソルに好意を抱き始めて……。

「恋はチーズ・イン・ザ・トラップ」(画像はAmazonより:http://amzn.asia/4nJzFid)

「恋はチーズ・イン・ザ・トラップ」(画像はAmazonより:http://amzn.asia/4nJzFid


トラップに置かれたチーズのように甘い罠の魅力を持つユ・ジョンと、チャラ男に見えるも実は純粋なオアシスのような男イノ。タイプの違う2人のイイ男に愛されるヒロインの揺れる気持ちに共感しちゃうこと間違いなし。また、また大学が舞台とあって、学生時代を思い出すあるあるエピソードが満載。「トッケビ(原題)」のヒロイン、キム・ゴウンは本作で一躍人気者になりました。

恋はチーズ・イン・ザ・トラップ公式サイト

 

 

離婚した元夫婦の立場逆転ラブコメ。
「ずる賢いバツイチの恋」

ビジネスで失敗を繰り返す夫ジョンウ(チュ・サンウク)を支えることに疲れ果てて離婚したエラ(イ・ミンジョン)。かつては美貌ゆえにもてはやされていたエラだったが、それからは貧乏生活まっしぐら。一方のジョンウは事業で成功を収め、財閥級の金持ちに。悔しさに震えるエラは、仕返しをするべく彼の会社に入社するが……という、元夫婦の立場逆転ラブコメです。

「ずる賢いバツイチの恋」(画像はAmazonより:http://amzn.asia/2iWm7ko)

「ずる賢いバツイチの恋」(画像はAmazonより:http://amzn.asia/2iWm7ko

エラ役のイ・ミンジョンは、イ・ビョンホンの妻ですが、結婚して初めて出演したのが本作。ハジけた演技で好感度をますますあげました。最初は、別れた元夫の会社で働く神経が理解しにくいものの、仕事に真剣に取り組むエラに感情移入し、夫とすれ違った経緯や誤解などを解いていく過程が感動的です。お互いに気になるのに意地を張る元夫婦の幼稚な小競り合いと、そこに割って入るかわいい年下男スンヒョン(ソ・ガンジュン)との三角関係のゆくえにも注目です。

「ずる賢いバツイチの恋」公式サイト

 

女性教師に恋した問題児の一途なアタックにドキドキ
「乾パン先生とこんぺいとう」

かつて教師を殴り退学処分となったボリ(コン・ヒョジン)は、かつて憧れていた教師ヒョヌ(キム・ダヒョン)に会うために必死に勉強して教員免許をとった。母校の女性理事長は先妻の息子で超問題児のテイン(コン・ユ)の面倒を見ることを条件にボリを採用するが、ボリが担任するクラスはテインを筆頭に一筋縄でいかない生徒がそろっていて……という学園ラブコメ。

「乾パン先生とこんぺいとう」(画像はAmazonより:http://amzn.asia/31R5RY5)

「乾パン先生とこんぺいとう」(画像はAmazonより:http://amzn.asia/31R5RY5

2005年の作品なので、少し古めかしい感じは否めませんが、おすすめする理由はテイン役のコン・ユがとにかくイイ! 反抗的だったテインが、ボリを慕うようになり、年の差も教師と生徒という立場も考えずに、まっすぐにアタックする一途さに心を奪われます。「GTO」の女性教師版といった感じに、生徒たちの感動エピソードが盛り込まれているのにも結構泣かされます。


 

俺様キャラのアイドル2人に愛される、女子の夢がつまったドラマ
「フルハウスTAKE2」

合気道の師範をしながらファッション・デザイナーを夢見るマノク(ファン・ジョンウム)は、借金を返すためにアイドルユニット「TAKE ONE」のスタイリストをすることに。「TAKE ONE」のメンバーは、完璧主義者のテイク(ノ・ミヌ)と、自由奔放だが優しい性格のガンフィ(パク・ギウン)の2人。ガンフィに魅かれるマノクだが、ひょんなことからテイクとのスキャンダルに巻き込まれて偽装結婚をすることに。やがて、テイクがかつて両親とともに住んでいた屋敷“フルハウス”を取り戻すためにアイドルとなったことを知るのだが……。

「フルハウスTAKE2」(画像はAmazonより:http://amzn.asia/ePacdCk)

「フルハウスTAKE2」(画像はAmazonより:http://amzn.asia/ePacdCk

イケメンアイドル2人に愛されるという、まさに女子の夢がつまった作品。原作が少女漫画なので、少し幼稚ではありますが、性格が違えど俺様キャラのアイドル2人が魅力的で、ステージシーンも見ごたえがあります。ちなみに、Rain(ピ)ソン・ヘギョ主演の2004年のドラマ「フルハウス」のシーズン2という位置づけではありますが、一つ屋根の下で暮らす男女という設定だけが同じで、ストーリーやキャストはまったく別物です。

「フルハウスTAKE2」特設サイト

 




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。