韓国の時代劇ドラマは3つのタイプがある!最近のトレンドは?

時代劇モノの韓国ドラマ

人気の時代劇モノの韓国ドラマ、おすすめの作品は?

韓国では多種多様なジャンルの時代劇が制作されており、幅広い世代の視聴者から愛されています。大きく分けると、時代考証に忠実な正統派の大河ドラマ、実存する人物を描きながらも史実にとらわれることなくエンターテインメント性を加えた創作時代劇、時代背景のみを生かして他の部分はほとんどフィクションであるフュージョン時代劇の3つに分かれます。

そして最近のトレンドは、圧倒的にフュージョン時代劇。フュージョンとは“2つ以上のものを融合すること”という意味で、時代劇にラブ、ファンタジー、犯罪推理など、さまざまな要素を加えたもの。特に現代劇では描きにくくなった奥ゆかしい恋愛が描かれたロマンス時代劇が人気を集め、日本でも好評です。ひとくくりに時代的といっても、ジャンルによってカラーがまったく異なるため、好みが大きく分かれるところですが、今回は日本人に評判のいい人気作品を選んでみました。  

韓国の時代劇ドラマおすすめ1.『宮廷女官チャングムの誓い』

韓国ドラマを見ない人でも、タイトルだけは聞いたことがある人も多いはず。『冬のソナタ』が韓流ブームを巻き起こした火付け役ならば、『宮廷女官チャングムの誓い』は日本に韓流時代劇のおもしろさを伝えた伝道師。2004年に日本で韓国時代劇が初放送され、大反響を巻き起こしました。厳しい身分制度の時代に、低い身分から宮廷の料理人となり、のちに女医となるチャングムの大活躍を描いたサクセスストーリーで、ピンチが訪れても、あきらめずに最善を尽くし、天性の味覚と賢さを武器に解決するヒロインがとにかく痛快。一度見たら止まらなくなることうけあいで、家族そろって楽しめるエンターテインメント作品です。
 

韓国の時代劇ドラマおすすめ2.『善徳女王』

画像は『善徳女王』公式サイト

画像は『善徳女王』公式サイトより

『宮廷女官チャングムの誓い』の脚本家が手掛けたヒロイン時代劇。舞台は7世紀の新羅で、軍事的訓練や文化的教育機関としての青年エリート組織“花郎(ファラン)”が存在した時代。王女として生まれながらも数奇な運命ゆえに自分の身分を知らずに育ったトンマン公主(後の善徳女王)が、美貌と色仕掛けで王や花郎を操って権力をほしいままにしていた稀代の妖婦・ミシルと対決しながら、女王の座に就くまでを描いています。ともに頭が切れる2人の知恵比べが見もの。2人に仕える花郎役でイケメン俳優が大勢出演しているのも女性視聴者にはうれしいポイントです。中でもビダム役を演じたキム・ナムギルは、ワイルドかつセクシーな魅力を発揮して大ブレイクを果たしました。

『善徳女王』公式サイト

 

韓国の時代劇ドラマおすすめ3.『太祖王建』

9世紀末、後高句麗、後百済、新羅による後三国時代の幕開けから、高麗による三国統一までを壮大なスケールで描いた大河ドラマ。全200話という長編で、初代高麗王となる豪族出身のワンゴン、後高句麗の王で僧侶出身のクンイェ、後百済の王キョンフォンという3人の英雄の活躍と戦いを骨太に描いたことが好評で、男性視聴者を中心に大反響を巻き起こしました。朝鮮版三国志といった感じで、恋愛要素は少なく、戦闘シーンが多いのが特徴。とにかく正統派時代劇が好き!という人には外せないドラマです。
 

 

韓国の時代劇ドラマおすすめ4.『イ・サン』

『宮廷女官チャングムの誓い』のイ・ビョンフン監督作品。イ・ビョンフン監督の作品は難しい時代劇用語を使わず、娯楽性も重視しているので、どの作品も楽しめます。特に李氏朝鮮22代国王・正祖を主人公にした『イ・サン』は、史実にフィクションがバランスよく盛り込まれ、ドラマを楽しみながら歴史が学べる作品として非常に評価が高いです。正祖は父(思悼世子)が、祖父(英祖:21代目の王)の命令によって米櫃の中に閉じ込められた8日後に餓死してしまうという悲劇を経験し、朝鮮王朝史上、最も波乱万丈な人生を送った王として有名。その王がイ・ビョンフン監督の手にかかったら、おもしろくないわけがありません!!
 

韓国の時代劇ドラマおすすめ5.『雲が描いた月明り』

画像は『雲が描いた月明り』公式サイトより

画像は『雲が描いた月明り』公式サイトより

19世紀の朝鮮時代を舞台に、王子と男装した内官との禁断の恋を描いたラブストーリー。原作は同名のウェブ小説。朝鮮時代のある時期をモチーフにしてはいるものの、ストーリーや登場人物は完全に仮想です。ヒロインの男装に早々に気がついた王子が、正体を明かせない彼女を思いやり、口では命令するも、実は少しでも仕事を楽にしてあげようと手を回すなど、そのツンデレぶりに胸キュン必至。周囲に明かすことなく繰り広げられる秘密の恋愛にもドキドキです。王子役のパク・ボゴムは本作のヒットによって、現在、韓国ナンバーワンの人気スターになりました。ドラマを見たら、きっと彼の虜になってしまうはず。

『雲が描いた月明り』公式サイト

 

韓国の時代劇ドラマおすすめ6.『トキメキ☆成均館スキャンダル』

画像は『トキメキ☆成均館スキャンダル』公式サイトより

画像は『トキメキ☆成均館スキャンダル』公式サイトより

ひょんなことから女子禁制の名門校「成均館(ソンギュンガン)」に入学したヒロインと、若きイケメンエリートたちが繰り広げる青春ストーリー。男装ヒロインが、個性豊かな3人の仲間と夢と友情を育み、成長していく姿がみずみずしく描かれます。ヒロインを男性だと思ったまま恋してしまう堅物ソンジュン役を演じるのは大人気スターJYJのユチョン。他にもユ・アイン、ソン・ジュンギと、今では顔を揃えるのが不可能なほどの人気イケメン俳優が集結。舞台はドラマ『イ・サン』でおなじみの正祖の時代で、ラブコメとはいえど、朝廷内の派閥争いなど骨太な要素も盛り込まれているのが興味深いです。

『トキメキ☆成均館スキャンダル』完全版公式サイト
 
 
 

韓国の時代劇ドラマおすすめ7.『根の深い木-世宗(セジョン)大王の誓い-』

画像は『根の深い木~世宗大王の近い~』公式サイトより

画像は『根の深い木-世宗大王の誓い-』公式サイトより

朝鮮王朝における最高の聖君と評価されている世宗。世宗の最大の偉業とされるハングル(訓民正音)の創製にまつわる秘密をミステリータッチで描き“韓国版ダビンチ・コード”と称された作品。ハングル創製の理由や背景、反対勢力との抗争などが徐々に明らかになり、先の読めない展開から目が離せません。世宗を演じるのは、映画『シュリ』で知られる韓国を代表する名優ハン・ソッキュで、深みのある演技が大絶賛されました。

『根の深い木-世宗(セジョン)大王の誓い-』公式サイト

 

韓国の時代劇ドラマおすすめ8.『六龍が飛ぶ』

画像は『六龍が飛ぶ』公式サイトより

画像は『六龍が飛ぶ』公式サイトより

高麗末期~李氏朝鮮建国までの歴史を、6人の英雄の活躍を通じて描いたインターテインメント大作。“六龍”として登場するのは、朝鮮王朝初代王イ・ソンゲ、建国功臣のチョン・ドジョン、のちに朝鮮第3代王となるイ・バンウォン。そしてここに、腐敗した高麗を終わらせるべく武術を極めた刺客タンセ、重税に苦しむ村人を救いたいと願うヒロイン・プニ、剣士として立身出世を目指すムヒュルという架空の人物が加わり、政治家や貴族だけでなく、民の立場からも革命の歴史が描かれています。アクションあり、ラブもあり、映像もスタイリッシュで、洗練された作品ですが、史実もきっちり盛り込まれているので正統派時代劇ファンにもオススメです。

『六龍が飛ぶ』公式サイト
 
 
 
 
 

韓国の時代劇ドラマおすすめ9.『済衆院/チェジュンウォン』

朝鮮時代末期、朝鮮時代初の近代西洋式病院“済衆院(チェジュンウォン)”を舞台に、近代医学の医師を目指して激動の時代を生きた若い医局生たちの青春と恋を描いたメディカル時代劇。賎民(最下級の身分)出身の医学生、官僚出身の医学生、通訳官の娘の女医、芸妓出身の看護師など多様な人たちが、医療で人々を救いたいと願う高い志のもとに集まり、国籍や身分、性別の差別を乗り越えて成長してゆく過程が感動的に描かれます。混沌とした当時の社会状況や医療事情、開化期の激動の朝鮮が描かれているのも興味深いです。
 

 

韓国の時代劇ドラマおすすめ10.『イニョン王妃の男』

朝鮮王朝で王命を受けて命がけでイニョン王妃を守ろうとするエリート官僚キム・ブンドが、不思議なお札の力で現代にタイムスリップ。大河ドラマでイニョン王妃役を演じることになった無名女優ヒジンと出会い、愛を育むラブロマンス時代劇です。このドラマがユニークなのは、登場人物も時代背景もまったく違う朝鮮時代と現代を、ほぼ半々の割合で行き来するところ。プンドが現代で得た知識を生かし、陰謀からイニョン王妃を救ったりするのが痛快な一方で、時空を超えた2人のせつなくもロマンティックなラブストーリーとしても楽しめる作品です。
 


【関連記事】



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。