日本で長い話数のドラマといえば、「水戸黄門」などのシリーズドラマを除けば、全150話前後の“朝のテレビ小説”くらいでしょうか。対して韓国では、全100話を超えるドラマが週に8本くらい放送されています。このように、日本とはかなり違う韓国ドラマの放送事情をお伝えします。
韓国ドラマ

韓国ドラマ話数



韓国のドラマの放送形態は?

韓国でドラマを制作している地上波は、公営のKBS(韓国放送公社)半官半民経営のMBC(文化放送)、民営のSBS(ソウル放送)の3社。他にもケーブル局や、総合編成チャンネル(大手新聞社を母体とした新規チャンネル)もドラマを制作していますが、ここではわかりやすく地上波の放送形態を例にとります。

まず日本と大きく違うのは、夜のゴールデンタイムのドラマが週に2話分オンエアされること。つまり、月曜日と火曜日の同時間に同じドラマが放送されることになります。この時間帯の枠のドラマは月・火ドラマ、水・木ドラマ、週末(土日)ドラマと、それぞれ呼ばれ、各局が一番力を注ぐドラマが放送されます。週2話を2ヶ月間=全16話が基本ですが、最初から全20話~50話くらいのドラマが編成されることもあります。

また朝と夜には、半年クールで各社2~3本の帯ドラマをオンエア。朝8時前後に放送されるドラマは“朝ドラマ”と、夜19時前後に放送されるドラマは“日々連続ドラマ”と呼びます。1話あたり30分で全120話くらいが基本ですが、人気を受けて延長になると200話を超えることも。ちなみに、これまでの最長記録は2002年の「人魚姫」で、全246話です。(1話完結タイプのシリーズ作品はのぞく)