反対に、打ち切られるドラマも

もちろん、延長もあれば、打ち切りもあるのは当然のこと。視聴率不振により、予定の半分程度の話数で突如打ち切りになり、視聴者そっちのけでストーリーを強引にまとめてしまうことも。なかには、決して面白くないわけではなく、裏番組が強力すぎただけという、惜しまれる作品もあります。

打ち切りで興味深い例は、1997年の「Ready Go!」ウォンビンチャン・ドンゴンチャ・テヒョンぺ・ドゥナユンソナなどの超豪華キャストが総出演した学園ドラマでしたが、放送開始直後に韓国がIMF経済危機に陥ったため、不況の影響で全8話で突如終了。視聴率30%を超えながらも、打ち切りになった作品として、今でも語り継がれています。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。