たるみ or シワ、あなたのエイジング傾向はどっち?

20代後半から、徐々に気になり始めるのが肌のエイジングサインですよね。イプサは今回、「年齢による肌変化が、たるみが表れやすいS型とシワ型が表れやすいG型の2タイプがある」ことに着目。それぞれのタイプに合わせた効率ケアを目指して、美容クリーム「ターゲットエフェクト」を開発しました。

イプサによると、どちらのエイジング型になるかは、肌の中にある2つの酵素の活性状態によって決まるそう。「S型」向きの「ターゲットエフェクト S」には、低下した酵素の働きをサポートする成分を配合。「G型」向きの「ターゲットエフェクト G」は、過剰に活性化した酵素をおさえる成分を配合。それぞれのエイジングサインに、的確に働きかけます。

 
イプサの新発想美容クリーム「ターゲットエフェクト」2種

シワ型向きの「ターゲットエフェクト G」(左)、たるみ型向きの「ターゲットエフェクト S」(右)


さらにうれしいポイントは、現状のケアだけでなく、エイジングへの耐性を高める効果も期待できるところです。季節の変わり目であるこの時期は、肌トラブルも気になりがち。ぜひ取り入れたい、高機能なアイテムです。

店頭のカウンセリングで、肌の型を確認できる

全国のイプサショップでは、独自の肌測定器イプサライザーを使った肌測定が可能。カウンセリングを受けて、自分の肌がどちらの型かを見極めれば、2種類のうち適したタイプをセレクトできます。

■DATA
イプサ ターゲットエフェクト 全2種 各30g 各9000円(税抜)
2017年10月13日(金)発売

■お問い合わせ
イプサ
お客さま窓口 TEL:0120-523543 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。