今からでも遅くない!30代から見直すべき3つの美容法

30代・40代は女性にとって大きな変化が訪れる時期。結婚、出産、キャリアアップなどのライフスタイルの変化はもちろん、年齢による肌や体の変化も出てきます。だからこそ、この時期に肌も心もちゃんとケアしてあげることが大事です。そこで、大人の女性が憧れる美容研究家・神崎恵さんの美容法を編集部がレポート! 銀座ソフィーナステーションで行われた、30代・40代女性のためのトークショーから、神崎さんが実践する3つの美容法をお届けします。
美容家・神崎さん画像

ツヤツヤの肌と笑顔が印象的な神崎さん


【美の秘訣1】肌の透明感・ツヤ感をUPさせる「化粧水」

30代・40代になると深刻な悩みになってくるのが“肌の乾燥”。乾燥をカバーするためにクリームなどの保湿アイテムを重視しがちですが、まず何より大切なのは「化粧水」だと神崎さんは語ります。「相手と話をする時に、自然と肌に目がいきますよね。肌は生活を映し出す鏡でもあるので、肌がキレイな人に出会うと印象に残ります」。

実は神崎さんは3児のママ。20代で2度の出産し、30代は育児に忙しくて自分のケアを怠っていた時期もあったそうです。そんな時に化粧水を見直したことで肌の透明感やツヤ感が戻ってきた経験から、化粧水の大切さを実感したといいます。

【美の秘訣2】時には自分を甘やかしてあげる「ストレスケア」

神崎さんは、肌のケアと同じくらい大切なこととして、ストレスケアを挙げています。「30代はなにかとストレスが多いので、自分でストレスを解消することが大事。ストレスがたまっていると思ったら、たくさん笑って、時には自分を甘やかしてあげることも大切です」。

【美の秘訣3】一緒にいて気持ちいい人になるための「笑顔」

最後に、毎日を気持ちよく過ごすために「一緒にいて心地よい人になること」がなにより大事と神崎さん。「特に30代以降は、“女として”より“人として”気持ちいいことが大切です。自分がされて嬉しいことを相手にもしてあげること、そして笑顔を忘れないことを心がけています」と語ってくれました。

そんな小さな意識や努力の積み重ねが、男性からも女性からも好かれる“モテマインド”につながるのですね。


神崎さんが理想の化粧水だと語る「est(エスト)」の新作

エスト ザ ローション

2000年に誕生した「est」。化粧水「エスト ザ ローション」が2017年9月9日に新発売


神崎さんが、美しい肌をつくるための基本と語っていた化粧水。では、実際どんな化粧水が良いのでしょうか。「私が化粧水に求めるものは、1.瞬発力があるもの 2.効果を感じられるもの 3.肌に水を蓄える力を育てられるもの、の3つです。その全てのバランスが良く、理想的な化粧水と言えるのがestの新作『エスト ザ ローション』です」。

2017年9月9日(土)に発売される「エスト ザ ローション」は、ソフォーナが30年以上続けてきた研究の結晶。砂漠の塩湖でも自らの水分を逃がさない極限環境生物が生み出す成分「エクトイン」に着目したことで、過酷な乾燥環境でも肌に潤いを与え続ける化粧水が誕生しました。これはまさに“究極の貯水化粧水”です。

「試用感はとてもみずみずしく、お風呂あがりのような肌が続きます。肌自身が水分を蓄える力を育ててくれる、理想の化粧水と言えますね」。神崎さんのツヤやかでみずみずしい肌から、3つの美容法の大切さも化粧水の実力も、言葉以上によく伝わってきました。

■DATA
エスト ザ ローション(化粧水)140mL 6000円(税別)
エスト ザ エマルジョン(乳液)〈W-1/W-2 80mL W-3 80g〉6500円(税別)
エスト ザ プロテクション(日中用乳液)〈W-1/W-2 30mL W-3 30g〉6000円(税別)
すべて2017年9月9日(土)発売

■お問合せ
est

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。