5人に1人は30歳まで一度も男性と付き合ったことがない

30代まで恋愛経験なしでも幸せになれる?

30代まで恋愛経験なしでも幸せになれる?

30歳になった時点で、男性と一度も付き合ったことがない女性は、今や少なくありません。

少し前のデータになりますが、リクルートのブライダル総研が発表した恋愛観調査(2014年)では、今まで誰とも付き合ったことがないという女性は20代で26.7%、30代で19.6%となっています。つまり適齢期世代の女性4~5人に1人が一度も男性と付き合ったことがないということになります。

恋人有無の状況 異性と付き合ったことがない人は、全体:28.9%、男性:33.4%、女性:23.1%、男性20代は41.6%となる。

出典:恋愛観調査2014 リクルートブライダル総研調べ

実際、お付き合いの経験がない30代女性が、これから幸せな恋愛や結婚を手に入れることはできるのでしょうか? その答えはもちろんYESです。むしろ、ものすごく幸せになっていく可能性も高いと言えます。

今まで付き合った経験がなかった女性が運命の相手と出会った実際のエピソードから、そうなるために大切にすべき心がけについて一緒に考えてきましょう。


なぜ彼女は誰とも付き合えなかったのか?

自分から恋愛に積極になれなかった学生時代……

自分から恋愛に積極になれなかった学生時代……


Hさんは、30歳の誕生日を迎えたとき、一度も交際経験がありませんでした。そんな彼女は、今年の3月、私の主催する恋愛や女性の生き方に関するセミナーに参加してくれました。

初めてお会いした際、「なぜ今まで誰とも付きあう機会がなかったと思いますか?」と尋ねてみました。なぜなら、小中高と共学に通っていたので男性との接点は十分にあったはずで、弟が2人いたこともあり、男性とまったく会話ができないようなタイプではなかったからです。

本人の話によれば、小さい頃から人見知りでおとなしい性格で、自分から男性に話しかけることに苦手意識があったそうです。大学は女子大に進学したため、自分から出会いにいかなければ男性との接点が少なく、周囲の友人も似たタイプが多かったのでとくに焦ることもなかったのだとか。バイト先に少し気になる男性はいたものの、自分からアクションを起こせず、デートはもちろん、男性と二人だけで行動するチャンスすらなかったそうです。その後、社会人になっても合コンには一度行ったきりで、とくに何もしないまま月日が流れてしまったのだそうです。


恋愛から遠ざかれば、人を好きになる感情も鈍ります。それと反比例して、恋愛から遠ざかれば遠ざかるほど異性に対しての理想は高くなりがちです。なぜなら、人を好きになる感情が鈍ると、世間が理想とするルックス、年収、職業などの「外的な条件」にばかり目がいくことになり、結婚相手にすべての理想を求めてしまい、より恋愛や結婚に現実味がなくなっていくからです。芸能人を好きになるようにルックスに憧れるだけで自分からは行動せず、さらに少し知り合って現実を知ると勝手に幻滅するマイナス査定に陥っていきます。

まさにHさんは、年齢を重ねるごとに同じ道をたどっていきます。そして、その後の彼女の行動も、まさに「幸せを遠ざけるパターン」に陥っていたのです。


やりたくない婚活を嫌々続ける苦しさが、幸せを遠ざける?

結婚適齢期と言われる年齢になったHさんは、「そろそろ結婚しなければ」と焦り、恋愛経験なしのまま婚活を始めようとします。しかし、そこでもいろいろな現実が待っていました。

結婚相談所に登録するも、意中の男性からは良い返事が得られずお見合いが成立しない、婚活パーティーでは誰からも話しかけられない。さらに、カウンセラーには「男性に選ばれる女性になる努力をしなさい」「もっと自分を磨きなさい」と叱咤されます。

落ち込んだ心の隙間を埋めるために、占いに行って「あなたは大丈夫!」と励まされ、ひたすらパワースポット巡り。やっと気持ちを立て直してみても現実は変わらず。

そんなことを繰り返し、いずれ婚活自体に疲れてしまいます。


恋愛経験ゼロで運命の人と巡り合ったきっかけ

恋愛経験ゼロでも、運命の人と巡り合える

恋愛経験ゼロでも、運命の人と巡り合える

そんな傷心の彼女は、自分を変えたいという思いから私に相談をしてくれました。そして、今ひと月で初めての彼氏と出会い、結婚を前提にお付き合いをしています。いったい彼女の中でどんな変化があったのでしょうか。

まずHさんは、自分が本当に望んでいることを自分に問いかけてみたそうです。「誰でもいいから、恋愛や結婚をしなければいけない」というのは本心ではなく、「心から好きな人と楽しい時間を一緒に過ごしたい」というのが本当の望みだと気づきます。

そこで最初にやったことは、「義務的な婚活」を辞めることでした。

もちろん、お見合いやパーティーで出会いを増やすことが悪ではありません。しかし、自分の気持ちにウソをついて、本当はやりたくない婚活を嫌々続けることが恋愛や結婚を遠ざける結果になっていることもあるのです。

そのかわりに、時間やお金を今自分がやりたいことに使おうと決意します。それはつまり、「まだ出会ってもいない誰かに好かれるために、男性に人気のファッションやメイク、セリフを身につける」という考え方は捨て、「自分が生きたい自分、理想の自分になる」ということへの決意でした。

彼女がそう決めてすぐに、SNSを通じて偶然知り合ったのが今の彼だったのです。

「お互いの趣味が同じだったことがきっかけで連絡を取り始めたのですが、彼の最初のメールがとても丁寧で好印象でした」と語るHさん。顔写真は見えても表情までは見えないSNSのコミュニケーションだからこそ、気遣いや性格って垣間見えるもの。人見知りの彼女が合コンやお見合いパーティで出会いを増やすよりも、共通の趣味を通じたSNSでやりとりしたことで話が弾んだのだそうです。

一方、彼は、初めて会ったとき、彼女の笑顔に惹かれてお付き合いを意識したと言います。これも彼女の内面の変化により、彼女の素晴らしさを導き出した結果だと言えそうです。

Hさん自身も、「ただ結婚してくれる誰かを探すのではなく、自分らしく生きることの大切さに気づき、自分の未来を信じようと決めたことが転機のきっかけだった」と言っています。現在、彼とは交際5カ月。年内にはプロポーズされるのではないかと確信しています。

自分の本当の気持ちに対してウソをつかないこと、それこそが運命の人との出会うための最短距離だということが、Hさんのケースで実証されたのではないでしょうか。


初めて付き合った人と結婚すると幸せになれる理由

過去に一度も男性と付き合った経験がない女性が幸せな結婚を手に入れるためのプロセスをHさんのエピソードをもとにお話ししてきました。

もしあなたが誰とも付き合ったことがないとしても、恋愛経験がないことで焦る必要はありません。逆に言えば、人生で最初に心から愛した男性と結ばれる未来が待っている、とも言えます。

また、「他の男性を知らないまま、結婚して悔いはない?」「恋愛経験の少なさで彼に飽きられてしまうのではないか?」と心配する人もいますが、結婚してから一生をかけて、運命のパートナーとの恋愛を楽しめばいいのです。

つまり、すべては考え方次第です。あなたが自分自身を幸せにし、自分の未来を信じられるかどうかなのです。幸せな結婚を手に入れるために大事なのはすべてそれにかかっていると言えます。

いずれにしても出会ってもいない誰かに幸せにしてもらおうという他力本願的な気持ちでは幸せになれません。自分で自分を幸せにできる人は、自分を大切にできる人です。自分を大切にする人は、人からも大切にされ、その輪は広がっていくでしょう。

もちろん、決意してからパートナーと出会うまでにタイムラグがあることもあるでしょう。それは自分で自分を大切にし、自分らしさを磨いている最中かもしれません。でも、そう決めた瞬間こそが、運命の出会いのカウントダウンが始まったのかもしれませんよ。


▼ガイドからのお知らせ
2017年10月、久野浩司の【恋愛ライフデザインセミナー】2017年秋スケジュール
180日で理想のパートナーと出会う半年コーチング
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。