【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

付き合って1カ月未満で浮気――もし、そんなことになったらどうする?

幸せの絶頂のはずが、すでに裏切られていたらどうしますか?

幸せの絶頂のはずが、すでに裏切られていたらどうしますか?

6月上旬週刊誌の報道で、フジテレビの女子アナウンサー・山崎夕貴さんと芸人・おばたのお兄さんの熱愛が明らかになりました。29歳独身同士のお二人の真剣交際となればおめでたいこと……だったのですが、問題は、その交際宣言からわずか2週間に、男性側の浮気が発覚してしまったことでした。

山崎アナは庶民的な人柄や発言で情報番組やバラエティ番組に多数出演していたため、浮気報道に触れず気丈にふるまう彼女に対して同情や心配の声が多数上がりました。

さらに報道によれば、山崎アナがレギュラーを務める番組での共演をきっかけにおばたのお兄さんからの申し込みで交際が始まったばかりだったのにも関わらず、SNSを通じて知り合った女性ファンとの浮気……ということ。個人的には、弁解の余地もない状況だと思いますが、現段階で破局報道は出ていないので、2人の行方を見守るしかありません。

そこで今回は、男性からの告白でつきあっても、すぐに彼を全面的に信頼して良いというわけではない教訓から、つきあってすぐに浮気する男性の心理、浮気しない男性がつきあう前に本気度を示すためにする行動などを見ていきましょう。
 

付き合ってすぐに浮気する男性の心理・行動・特徴とは?

付き合ってすぐに浮気する彼氏の心理とは

付き合ってすぐに浮気する彼氏の心理とは

もともと女癖が悪い男性でも、本気で相手を口説き落そうとしている最中には自制心が働き、浮気しないものです。ではなぜ彼氏は「浮気できた」のでしょうか。

まず、1つめの考えは、男性側がそこまで真剣ではなかったということです。

まず付き合ってすぐに浮気する男性は、「かわいいな、もしつきあえたらラッキー!」ぐらいのノリで口説いてみるような行動をしがちです。それを意外にも女性側が受け入れてしまった場合、彼の方からすればあっさり手に入ってしまい、思った以上に物事が上手く進んでいったということになります。

するとこのタイプの男性は、「きっと彼女は自分に惚れてるから、これくらい大丈夫だろう」と自分優位に考え、ほかの女性と連絡を取ったり、会いに行ったり、だんだん1回くらい浮気もしてもいいか……なんて彼が調子に乗った行動に出てしまったと考えられます。浮気相手である女性ファンは、彼に好意を抱いているのが前提ですから、彼が軽く声をかければトントン拍子で進むことはわかっていたはずなので確信犯的行動なのです。

2つめも似たケースではありますが、最初は真剣だったけれど、口説き落としたことで男性の狩猟本能が満たされてしまい、付き合えたことで目移りしてしまったというパターンです。

今回のケースは、共演からお付き合いが始まったということですが、すでに山崎アナはキー局の人気アナウンサーです。年収が彼の方がかなり低かった!? という報道もありましたが、若手お笑い芸人である彼は、きっと熱心に口説いたでしょう。狩猟タイプの男性の場合、口説いたりアプローチする間の本気度は高く、目的を遂行するための行動力がある人が多いでしょう。そこで山崎アナは、相手の言葉をしっかりと受け止め、誠意を持って応えた。その矢先……今回のような結果を招いてしまったという可能性も十分にあります。

いずれにしても、男性側の心理に立つと、恋愛が始まる初期段階で、「これはいける」と気持ちに余裕が出ると、せっかくの女性側の好意を軽く考え、甘えてしまう傾向になると言えそうです。
 

男性が本命女性だけにみせる、付き合う前の3つの行動と特徴

LINEのやり取りなどでもわかる!

LINEのやり取りなどでもわかる!

このようにせっかくの相手への好意が過ちの引き金にならないためにも、女性サイドは口説かれても交際前に相手がどれだけ真剣かを見定めることが大切です。では、どうすれば彼の真剣さを見定めることができるのでしょうか?

1:毎日欠かさず自分から連絡や報告してくる
男性にとっては本来、証明としてのこまめに連絡したり、自分のプライベートの報告を毎日行うのは、面倒なことです。それを行うということは、自分にとってあなたが特別な存在だというアピールであり、他の女性の影や匂いはないいう宣言であり、「僕にとってはあなただけです」というメッセージを込めた行動である場合が多いでしょう。

2:いつでも女性側の立場にたった思いやる発言や行動
男性が誠実さに次いでアピールしたいのが、優しさです。それがあなたへの気遣いとして行動に表れるのです。「体調が悪い」と言えばとても心配したりお見舞いに行こうかと気遣ったり、「仕事でミスしてしまった」と言えば親身になって解決策を考えたり、懸命に励ましたりしてくれます。

女性が忙しくて会えない間柄の場合でも、「そんな立場を理解しているから大丈夫だよ」と伝えてくれたりするでしょう。

3:仮に女性がすぐに返事を出せずに時間が掛かっても、きちんと待っていると宣言してくれる
「待つ姿勢」を見せるのも男性の本気度アピールの1つです。まだ告白を受け入れられない、キスやセックスはできない、お泊りや2人っきりのデートはまだ気が引ける……など女性が男性の好意に応えられないといった場合に、「時間が掛かっても待っている」という意思表示があれば本気度が高いと言えます。

なので単なる遊び目的の場合は、「どうしていやなの? 俺のこと好きじゃないんだね」などと、答えを急いだり、面倒になって連絡頻度が少なくなったり、より楽な方法へと流れていきます。

もちろん、男性だって追いかけても女性側からそこまで脈がないと感じれば、毎日の小まめな連絡や相手への気遣いを続けていくことが難しいものです。気持ちやテンションが下がったり、途中であきらめそうになるでしょう。ですが逆に、それでも相手に対して好意を送り続ける覚悟があれば、本気度は高いということになるのです。

女性は本気度が高ければ高いほど、相手の気持ちを知りたくなり、試したくなり、あの手この手で駆け引きをしてしまうかもしれません。でも、男性は本気で相手に向き合っているときは、よりストレートで駆け引きなどはしません。もちろん、うまく立ち回れる人と、シャイで不器用な人はいますが、真剣さや本気度を見分けることは重要なポイントになるでしょう。
 

彼の真剣さを見極める期間やタイミングは?

さきほど、「女性の気持ちを待てる男性」は、真剣だとお伝えしました。とはいえ、知り合ってから時間をかければいいという問題ではありません。

いつまでも相手のアプローチに応じなければ、女性がいやがっているのではないかと心配し、気遣いの結果として「脈なしだ」と引き下がる男性も少なくないからです。

その期間としては「1カ月」を目安にしましょう。30日間あれば、ある程度相手の本質や行動パターンをチェックできるものです。逆に、遊び目的の場合だったり、浮気性な男性は1か月以上かけて、毎日こまめに「あなただけです」とアピールをするのはかなりの労力がかかるでしょう。

今はLINEなどでよりカジュアルな会話でコンタクトを取ることは可能ですので、つきあう前の段階だったとしても、毎日やり取り場合もあるでしょう。そこで前述の3つのチェックポイントが必要になってきます。本気度が足りない浮気予備軍の男性の場合、1カ月もするとあなたに対して雑な扱いをする一面が見えてくるものです。やり取りの中で、あなたに対する誠実さや思い遣る気持ちがだんだんと雑になっていないでしょうか?

必要なのは、最初の1週間や数回のデートの押しアピールの勢いだけに流されず、客観的に相手の行動や言動を観察すること。これによって、浮気をされるリスクを軽減できるはずです。
 

もし付き合ってすぐに浮気されたら、即別れを告げましょう

以上のことを付き合う前に気付けず、すぐに浮気されてしまった山崎アナのケースは非常に残念だったと言えます。彼女がどんな選択をするのかまだわかりませんが、もしあなたと意中の彼との間で同じようなことが起こった場合には一体どうすれば良いのでしょうか?

その答えは明白です、すぐにしっかり別れてくださいということです。そこで相手にもう一度チャンスを与える必要は一切ありません。

彼にとっては、「たった1回の浮気」「遊びの延長」のつもりかもしれません。「本当はあなただけが好きだから許してほしい」、きっと彼はそう言うでしょう。しかし、そんなつまらないことで「平気で彼女を裏切った」という事実にもしっかり注目させなければいけません。浮気は過ちでなく、確信的な行動だからです。

当たり前ですが、謝ったからと言って簡単に信頼関係は取り戻せません。本当に彼があなたのことを愛していて、心からやり直したいと願うのであれば、それこそ1~2年かけて熱意ややさしさや誠実さを伝え直し、マイナスからスタートすべきです。別れてからの時間こそが、彼に与えられたチャンスなのです。

厳しいと思うでしょうか? しかし、人生において1~2年なんてわずかな時間です。それを全力で取り戻そうとしないのであれば、2人はそれまでの関係で、今後、なし崩しで彼を許し、なりゆきで結婚しても、同じような浮気が発覚し、彼女は再び悲しむ結果になるでしょう。

こお互いにとっても、その先何十年にもおよぶ結婚生活を送る真のパートナーであるかを知るための試された時間とも言えるのです。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。