目元も口元も視線が集まりがち

相手の口元を確認しないで話をすることはほとんどありませんよね。

5月に入る頃になると会社に慣れて、そろそろ生活のリズムが安定してきた頃だと思います。そこで少し気持ちにゆとりが生まれたときこそ、歯のトラブルについてもう一度考えてみてはいかがでしょうか? 社会人1年目の人たちにむけて、今こそ歯科医院に行くほうが良い理由をまとめてみました。

社会人になると口元に注目が集まる?

社会人になると友達同士と話をするのと違い、言葉遣いなどが変わってくるのはもちろん、それまでの友人関係と違って、全く初対面の人と話をする機会や、会話でのアピールの際に口元に視線が集中する機会が増えます。さらに口臭などの見えないに臭い対策にも気を使わなければなりません。

社会人1年目で知っておきたい。3つのチェックポイント
■口臭
口臭予防は社会人の基本的なエチケットとして考えも良いでしょう。大切な内容をしっかりと話をしていても、口からの口臭が強ければ、話の内容よりも、口臭の臭いの方が気になってしまい、説得力が半減してしまう恐れがあります。自分で口臭予防のための知識を調べたり、歯科医院で自分の口腔環境を把握しておけば、口臭があると思い込んでの余分な心配をせずにすみます。

■虫歯
口元に目線が集まりやすいため、特に前歯の虫歯はよく目立ちます。口元の目線が集まると思っていたら、虫歯を見られていただけだった。そんなことがないようにしたいですね。虫歯は、放置しておけば悪化する一方です。新社会人の年齢で多く見かけるのは、子どもの頃は歯科医院に乳歯の抜歯などで定期的に通っていたが、最近はほとんど通わなくなったというケースです。大学進学や就職などでそれまでの場所と違う場所に転居したため、歯科医院に足が遠のく原因となることもあります。

■ホワイトニング

最近では、ホワイトニングで歯を白くすることができるようになりました。営業や接客などの仕事はもちろん、目線が口元に集まる機会が増えるからこそ積極的に白い歯をアピールしたいところです。実は前歯も他の歯と同じように年齢が進むに従って、詰め物や被せ物などになっていく傾向があります。そのため前歯の白く輝く天然の歯は、若さをアピールできる絶好のポイントです。

社会人1年目の環境の変化が歯に及ぼす影響

慣れない忙しい毎日を過ごすあまり、ついつい歯のお手入れも後回しになりがちになります。そのためギリギリのバランスで痛みが出ない程度に落ち着いていた虫歯が急に痛くなることも……。社会人1年目の環境の変化が、歯に及ぼす影響を考えてみました。

■かかりつけ歯科医院から離れた
転居や勤務先の場所などの関係でそれまでのかかりつけの歯科医院がなくなってしまうことがあります。新規患者として歯科医院に行くのは、勇気がいるもの。でも昔の歯科医院と違って、最近は患者さんの新規来院や転院もごく普通のことなので、気軽に問い合わせればいいでしょう。

■生活習慣の変化

忙しくなるとそれまでできていた歯磨きの時間が短くなったり、外食の増加や食事時間の変化などで、口の中の酸性状態が増えて、虫歯になりやすい環境になっている可能性があります。

■唾液の分泌の減少
日中に緊張状態が続くと唾液が減少して、口の中が渇きやすくなります。唾液が減少すると、口臭が強くなったり、虫歯リスクが高くなったりして、歯への負担が増加することになります。適度に水分を補給したり、リラックスを実感できる時間を作るなどすることも大切です。

■食生活の変化

活動量が増加すると、食事の摂取量が増加する傾向があり、それまでの食事回数が増えたり間食などの回数が増えたりします。糖質摂取を体が要求することも考えられるため、それまでより虫歯リスクが高まることも考えられます。

余裕があれば矯正治療もオススメ

社会人になってから、初めて矯正する「大人矯正」は、この時期にすることが実はオススメです。矯正費用を自分で負担できるようになるためと、矯正にはある程度時間がかかるため、社会人の早い段階で矯正を始めることで、少しでも早い段階で終えることにつながります。

さらにその先に訪れるかもしれない、結婚、出産、子育てなどの時期は、矯正に取り組む時間的余裕が少なくなることも考えられます。歯並びがよくなることから生まれる虫歯のリスクの低下などメリットも同時に享受できるのです。

最近の矯正は、矯正システムの種類が豊富になってきたため、以前よりも目立ちにくい素材や様々な方法を検討できるなど、矯正期間中に問題になりやすかったの審美的な問題をカバーできるようになっています。気になる矯正方法があれば、問い合わせをしたり、カウンセリングを利用したりして、自分の納得できるシステムを選択することをオススメします。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項