本業以外にバイトもすべきと思うができません

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、低収入のため貯蓄ができない50代の男性。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。
※マネープランクリニックに相談したい方はコチラのリンクからご応募ください。(相談は無料になります)
 
なかなか貯金ができない悩み

なかなか貯金ができない悩み



■相談者
アカレンジャーさん(仮名)
男性/契約社員/50歳
九州/賃貸住宅

■家族構成
妻(専業主婦/40代)

■相談内容(原文まま)
毎月の収入が15、16万円でボーナスは無しの工場の契約社員として働いています。毎月1万円の貯金がやっとで、収入を上げたいのですが仕事が終わってからバイトの口もなく現在に至っています。女房は、体が弱く仕事は無理なのです。もう少し貯金を増やしたいと思いますが、どうしたらよろしいでしょうか?ちなみに今年は、原付バイクの自賠責保険、家賃の保険更新等で約5万円が必要になります。毎年3月には町内費4000円が必要。以上になります。

■家計収支データ
「アカレンジャー」さんの家計収支データ

「アカレンジャー」さんの家計収支データ



■家計収支データ補足
(1)妻の健康状態について
幼少の頃のケガが原因で、仕事自体が無理とのこと。相談者も仕事をさせることは望んでいないし、本人もその気持ちはない。ただし、通院や薬の服用はない。それでも妻のサプリメントは絶対に必要とのこと。

(2)現在の仕事について
現在の仕事はインターネットで見つけたもの。時給は1100円前後、勤務日数は月20~22日で不定休。残業はほとんどない。厚生年金には加入。

(3)他の仕事
「他にバイトを」という気持ちはあるが、実際に体力的にきびしく、したとしても現在の仕事が休みの日にできるものに限定される。

(4)公的年金について
夫婦それぞれ、年金がどのくらい支給されるかはまったく不明(ねんきん定期便で確認したこともない)

(5)ご実家について
ご夫婦の実家ともに資金援助も移り住むことも無理

(6)クレジットの返済
カードローン(キャッシング)による借入。完済は2020年2月。

(7)通信費の内訳
インターネット月4200円、固定電話2000~3000円、携帯電話二人で約9000円、テレビ受信料4400円

(8)車両費について
月に一度のレンタカー費用(月に一度野菜や米などの食料品を買い出しのため)+原付バイクのガソリン代

■FP深野康彦からの3つのアドバイス
アドバイス1 ダブルワークよりも健康管理を優先すべき
アドバイス2 クレジットカードの利用は今後NG
アドバイス3 セーフティーネットとしての社会保障制度を知る
 
アドバイスの詳細はこちら>>