屋根と雨どいは10年毎の定期点検が大切

台風の翌日になると、屋根板金が飛んだ! という依頼も。

台風の翌日になると、屋根板金が飛んだ! という依頼も。

台風の翌日は、リフォーム業者の電話が鳴りっぱなしになるほど緊急の依頼が増えます。

多いのが、屋根、雨どいに関するもの。劣化が進んだ屋根板金が風で飛んでご近所に迷惑を掛けてしまったり、雨どいが外れてしまったりすることもあります。

また屋根表面はキレイでも中に水がしみ込んでいるケースもあります。家の中に水が垂れてくれば雨漏りとわかるのですが、軒先に流れ気付きにくい雨漏りもあります。このような状況を放置すれば、構造部分が腐食し、補修費用がかさみます。

屋根と雨どいは10年おきに点検をし、傷んだ個所はその都度メンテナンス、いつも健康に保っておくことが大切です。台風前の家の安全点検については、下記でポイントを絞ってご紹介していますので合わせてご覧下さい。

いったん足場を掛けたら徹底活用する

屋根リフォームを効率よく行う秘訣は、足場を有効活用することです。足場とは高所で工事する時に必要な、鋼管で組み立てた仮設の作業床です。屋根工事では足場を掛ける事が多いので、外壁塗装や雨樋、2階の手の届きにくい雨戸の工事なども一緒にやってしまいましょう。足場の費用は意外とかさみますので、1回掛けたら無駄なく徹底的に使いましょう。
【関連記事】
Copyright(c)2014 一級建築士事務所 Office Yuu,All rights reserved.

匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。