目の疲れ・肩こりの原因は「おでこ」の筋肉のこり?

実は疲れやすいおでこの筋肉。目の疲れや肩こり、頭痛にも関連することがあります!

実は疲れやすいおでこの筋肉。目の疲れや肩こり、頭痛にも関連することがあります!

「なんとなく、まぶたが重い」「目がパッチリ開いていないような……」と思ったことはありませんか? 目の開きづらさは、病院にいくほどの症状ではなくても、ずっと気になってしまう不快症状の1つ。この症状は、肩こりや緊張型頭痛に伴う症状でもあります。

「まぶたが重い感じがする」というのは、気のせいではなく、実際に顔や頭の筋肉の過度な緊張により、機能低下を引き起こしている場合があります。その中でも、眉毛を持ち上げ、おでこにシワを寄せる筋肉、前頭筋(ぜんとうきん)の働きがいまひとつなのかもしれません。

「おでこの筋肉」はあまり意識しないかもしれませんが、この前頭筋を緩めるエクササイズは、疲れ目解消に有効なのです。

<目次>  

眉毛を持ち上げるおでこの筋肉「前頭筋」の疲労度セルフチェック

前頭筋の疲労度はわかりにくいかもしれません。以下の5つのチェック項目で当てはまるものはいくつあるでしょうか?
  • まぶたが重く感じ、目を閉じていた方が楽である
  • パソコン画面や本など、しばらく見ているとだんだんと「目がパッチリ開いている」感覚から遠ざかってくる
  • 目の周りやおでこ辺りが、なんとなくモヤモヤしてスッキリしない
  • 頭が締め付けられるような頭痛(激しくはない)がある
  • まぶたの上部をおでこの方へ指で引き上げたまま物を見ると、目がとてもスッキリと感じる

1つでも当てはまる項目があれば、前頭筋が緊張して疲労し、働きが低下している可能性があります。当てはまる項目が多い方には、早めの対処をおすすめします。
 

目の疲労を放っておくと「頭痛」「自律神経不調」の原因にも……

このような状態を放っておくと、次のような症状に悩まされることになる恐れがあります。
  • 頭痛が起こりやすくなる
  • 肩こりが悪化、慢性化する
  • いつも頭がボ~っとしているように感じる
  • 目の不快感が頻繁になる
  • 表情が冴えなくなる
  • 顔に張り、ツヤがなくなる
上記の症状は、自律神経の働きを乱すきっかけとなることもあります。、睡眠状態や胃腸の調子などに影響し「なんとなく調子が悪い」毎日を送るようになるかもしれません。
 

スマホ・パソコンを使う方は要注意! 知らぬうちに溜まる目の疲れ

特にパソコンのディスプレイやスマホをよく使用する方、手元で細かい作業を集中して行う機会が多い方は注意が必要です。普段から目を酷使している場合、目の疲れはそう簡単に解消されません。当たり前のように行っていると思いますが、パソコンやスマホで文字を追う目の動きが繰り返されるだけでも、集中力を要し想像以上に疲労が蓄積されているのです。

目の疲れが繰り返されると、気付かないうちに目を懸命に見開いていることがありますが、これが前頭筋の疲労に繋がります。そこで、眉毛を持ち上げる働きのある「前頭筋」をリラックスさせ、目の不快感や上記の症状の予防・緩和を目指しましょう。目の疲れを解消する簡単なエクササイズ方法を2つご紹介します。
 

目の疲れを取る方法1:額に手を当てるだけの簡単エクササイズ

おでこに手を当てると、筋肉の動きを実感しやすくなります

おでこに手を当てると、筋肉の動きを実感しやすくなります

1. おでこ全体を覆うように手を当てます。小指を眉毛に当てるか眉毛近くに当たるようにすると、エクササイズが行いやすいです。ぎゅっと3秒間目を閉じます。
初めは動かしにくいかもしれませんが、少しずつ動かしていくようにしましょう

初めは動かしにくいかもしれませんが、少しずつ動かしていくようにしましょう

2. 目を開くときに、眉毛を上方へ動かし3秒間キープしてみましょう。眉毛とその付近のおでこの動きが、当てた手で感じられればOKです。3~5回繰り返します。

 

目の疲れを取る方法2:左右2本指で出来る前頭筋エクササイズ

指の腹をおでこの皮膚に軽く当てるだけでOKです

指の腹をおでこの皮膚に軽く当てるだけでOKです

1.左右の人差指・中指をおでこに当て、ぎゅっと目を3秒間閉じます。
 
ポイントは目を見開く動きを指でサポートすることです

ポイントは目を見開く動きを指でサポートすることです

2. 目を大きく開くと同時に当てた指の圧を上方へかけ、(大きく目を見開く動きをサポートするように)眉毛を持ち上げます。この状態で3秒間キープします。圧は、上方への方向付けをするだけなので、ぎゅっと押さずに軽くで大丈夫です。「1」「2」を3~5回繰り返します。

今回ご紹介したエクササイズは、「目を酷使ししたなぁ」と感じた直後に行うと「視界が明るくなり物がハッキリ見えるようになった」という感覚が得られやすいようです。場所を選ばず、簡単にできる方法なので、ぜひお仕事の合間にもお試しください。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項