【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

「大人のつき合い方」ってどういうこと?

undefined

イラスト:陽菜ひよ子


大人の恋愛、大人のおつき合いとはなんでしょうか?

当然、アラフォーだって恋をします。「恋愛に、大人も子供もない!」とあなたは思うかもしれません。

ただ、男女のおつき合いは相手あってのこと。相手との年齢差によって多少の関係性の違いは生まれるかもしれませんが、あなたがアラフォーであることに変わりはありません。あなたがアラフォーである以上、相手は「大人であること」を求めているはずです。

そんなアラフォーのあなたにとって、恋人とどのようにつき合っていくのがベストでしょうか。


痛アラフォーは、彼氏に「してもらう」ことしか考えない

恋人も同じアラフォー世代なら、頻繁に会うのが難しい場合もあるし、連絡だってマメというわけにはいかないかもしれません。

そんなとき、痛アラフォーは、彼氏に「私のことが好きじゃないのかしら」と不安になったり、「浮気しているのでは」と、すぐに疑心暗鬼になってしまいます。つまり、相手に依存気味で、相手に「してもらう」ことばかりに目が行き、そうでないと不安になってしまいます。

恋人ができた途端、仕事よりも恋愛優先。悩むとすぐ友達に相談したり、恋愛マニュアル本に答えを求め、一喜一憂していませんか?

恋愛中に、相手に依存気味なのは心が幼いままだから。「してくれない」ことを愛情の目減りだと捉えているうちは、大人同士の恋愛は成立しないでしょう。


イケアラフォーは、マイペースで自立したおつき合い

恋愛も大事、仕事も大事―― イケアラフォーは自分の生活軸を大切にしているので、どんなに熱い想いを抱えても、理性を失いません。

彼氏としては、マイペースで自立した彼女とのおつき合いを、心地よく思うでしょう。相手に与える愛情表現ができるのは、大人の女性ならでは。一見ドライな交際でも、相手が不安になることはありません。

恋愛スキルが経験値に比例するのは、恋人という深い人間関係によって心が成長できるから。しかし精神年齢は、恋愛に限らず成熟させることが可能です。


恋愛スキルは、実年齢より精神年齢に比例する?

お互い大人ですし、結婚を意識していればなおのこと、気持ちが通じ合えば恋やおつき合いが進展するのは早いはず……と思うかもしれません。しかし、若い頃よりも責任ある役職についていたりと、お互い仕事にも脂が乗ってくるお年頃で、当然ながら20代と同じスタンスではいられないこともあります。

具体的に言えば、残業よりデートを優先するのが難しくなったり、時間と体力の兼ね合いも影響してきます。

若い頃の恋愛をいつまでも基準にせず、生活の中に「恋人とのおつき合い」を上手く取り込んでいくことが、大人のあなたにふさわしい恋愛のスタイル。

互いに無理なく気持ちのいいおつき合いができれば、「ふたりの生活を一緒にする」未来も、自然と描かれるのではないでしょうか。


■イラスト/陽菜ひよ子
イラストレーター・漫画家。名古屋在住。パレット・クラブスクール卒。
主に女性や子供向けに、書籍・雑誌・広告・テレビなどを中心に幅広く活躍。
初書籍『アトピーの夫と暮らしています』(PHP研究所刊)絶賛発売中!
公式サイト http://www.hiyoko.tv/
FBページ https://www.facebook.com/hiyokodagane
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。