ロンドン最大級のイベント、大晦日カウントダウンレポ―ト!

1

超盛大なロンドンのカウントダウン花火

ハッピー・ニューイヤー・フロム・ロンドン!ロンドンは日本から9時間遅れて新年を迎えます。日本の新年のニュースでも報道される機会が多いですが、ロンドンの大晦日といえば、"London New Year's Eve Fireworks"。一般的には、”ビッグベンのカウントダウン花火”などとして知られています。ロンドン市(London City Hall)が運営するイベント。

このカウントダウン花火大会は、ロンドンで開催される数多くのイベントのなかで1、2を争う規模と人気を誇ります。

プレミアチケットを手にした人だけが生で楽しめます

こちらのイベント、2013年までは誰でも自由に参加できたのですが、毎年観衆の数が増加の一途をたどり、収集が付かなくなったので、安全のため2014年から有料のチケット制が導入されました。
2

こちらはガイドが付与されたメディア用パス

毎年秋に1回目、12月に2回目の販売が、ロンドン市公式ウェブサイトにて行われます。毎年売り切れの超プレミアチケット。運良く手に入れた人には、購入後チケットが郵送されます。価格は£10。なお、このチケットの収益はロンドン市の財源を潤すのではなく、“チケット制運営コスト”自体に全て使用されるとのこと。つまり、純粋に、花火観賞の安全を確保するための政策なのですね。(この記事の最後に2017年の大晦日カウントダウンのチケット購入方法を記しましたので、最後までチェックください!)

イベントに出かけよう

3

開場前の観覧エリア。ガラーンとした珍しいロンドンの光景です

イベントの概要を紹介しましょう。
ー開始(開門)日時:12月31日午後7:30
ー花火開始日時:1月1日午前0:00
ー花火終了日時:1月1日午前0:12
ー打ち上げ場所:ロンドンアイ(観覧車)のたもと
4

観覧エリアへの入場はチケット保持者のみ。厳密なセキュリティチェックが行われます。

当日、テムズ川沿いの観覧エリア付近は全て封鎖されます。開門の時間は午後7時半。それまでの観覧エリア内はロンドンの中心部にも関わらず、誰も人がいない、というちょっと珍しい光景が見られます。
5

開場前、TVのインタビューに答えるロンドン市長サディク・カーン氏に遭遇!

チケット保持者は、ブルーエリア、レッドエリア、ホワイトエリア、グリーンエリア、ピンクエリア、そしてバリアフリーエリアに分類され、開門時間が過ぎるとそれぞれのゲートから入場可能です。
6

数時間後には人人人で埋め尽くされるエリア



テムズ川沿いはお祭り騒ぎ

7

開場とともに徐々に人が集まってきます

午後7時半に開場すると、エリアでは間もなく大音量でBGMが流れだします。そして、午後9時にはDJが登場して場を盛り上げます。飲食物持ち込み可能で、アルコールも少しなら持ち込み可能。グラスは持ち込み禁止、また、混雑と開催時間が遅いので、子供の入場は基本的に禁止(16歳以下は保護者同伴)です。とはいっても、グラスでお酒を飲んでいる人達や、小さな子どもを連れているグループもガイドは少なからず目撃しましたが……。
8

エリア内には屋台もいくつか出ています

午後9時頃になると開場エリアは身動きが取れない程の人でごった返します。ですので、今年以降、行かれる方は、9時頃までに食事やトイレを済まされることをおすすめします。また、今年は例年に比べて比較的寒さがましだったようですが、それでも、冬の夜に屋外で数時間もじっとしていると徐々に寒さが身に染みてくるもの。防寒もしっかりされてください。

深夜ゼロ時に向けて、会場の興奮は徐々にヒートアップしてきます。
10

午後9時にはもう身動きが取れない程ギッシリに

DJの「ロンドンで最大のフェスティバルにようこそー!」
「今宵の観客は100カ国以上から集まったそうです。みんな来てくれてありがとう!」
「世界一素晴らしい街ロンドンの最高のパーティーです!」
などのかけ声に会場は大盛り上がり。ノリの良い音楽がガンガンにかかり、テムズ川沿いはさながらナイトクラブのような様相を呈してきます。
11

会場の興奮を伝えるBBCのカメラ・クルー



カウントダウン、そしてハッピーニューイヤー!

49

45秒前

年明け60秒前になるとロンドン・アイ(大観覧車)に、数字が映し出されカウントダウンが始まります。
12

12秒前

そして、ビッグベンの音色と共に新年が幕を開け、同時に轟音を伴って花火が開始されます。
97

ド迫力の花火

ロンドン市の全世界に向けての渾身のプレゼンテーションでもある花火ショーは12分間続きます。
04

12分間はホントにあっという間

ガイドは花火が打ち上るロンドンアイの対岸で観賞しました。視界が全て花火で占領され、目に刺さる色彩鮮やかな光線と、お腹に響く爆発音に全ての感覚が奪われ、寒さや、数時間の待ち疲れが一瞬にして消え失せました。
68

音と光に心奪われます

その大迫力は、手を伸ばすと花火に触れられるのではないかと錯覚する程。唯一無二の体験でした。

実際に現地で撮影した動画をご覧ください!



2017年大晦日カウントダウン チケット入手方法

人ごみの中、寒空での長時間の待ち時間や、帰宅時の大変な混雑を差し引いてもあまりある程の体験ができるロンドンのカウントダウン花火。滞在先のホテルの窓からや、会場の外から、またはBBCのTV中継でも花火は観賞できると思いますが、より近い距離で”体感”したい方は、やっぱりチケットを入手して、”その場”に行かれることをおすすめします。是非行きたい、という方は、こちらサイト(ロンドン市公式)でメール登録すると、2017年大晦日花火のチケット発売情報が受け取れます。発売情報を受け取って、手順に沿って登録。プレミアチケットなので、入手出来るかどうかは約束されていませんが、トライしてみてください!
13

祭りの後。大晦日は地下鉄は夜通し運営、しかも無料です。しかし、大変混雑するので要注意。(ガイドは1時間歩いて帰りました)





※取材協力:VisitLondon.com
http://www.visitlondon.com/#LsKjM66d3LatkPQk.97




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。