Amazon Dash Buttonサービス開始

 2016年12月5日、Amazonから新たなサービスが開始されました。その名も「Amazon Dash Button」、ボタンをひと押しするだけで商品が届くというサービスです。私達の買い物スタイルを大幅に変えてきたAmazonですが、このDash Buttonはどのように私達の生活を変えていくのでしょうか。サービスの利用方法、必要環境、対象商品などをお伝えしたいと思います。

Amazon Dash Buttonとは?

button

 

Amazon Dash Buttonは、ネットに接続されており、ボタンをひと押しするだけであらかじめ設定された商品を注文できるようになっています。パソコンやスマホでAmazonサイトを開く、商品を選択する、注文ボタンをクリックする、というこれまで当たり前だったステップは必要ありません。写真のようにキッチンやトイレなどに設置しておけば、必要と思ったときに即注文できるメリットがあります。ボタン1つにつき注文できる商品は1種類です、設定次第で別の商品の注文も可能です。端末代金は500円ですが、初回の商品購入は500円割引になるので実質無料で利用できます。

Amazon Dash Buttonの対象商品は?

対象商品カテゴリーは以下のようになっています。
  • 日用品(トイレットペーパー、洗濯洗剤、台所洗剤、消臭剤等)
  • 食品・飲料(ミネラル水、コーヒー、お茶、ジュース、ノンアルビール等)
  • ドラッグストア(歯ブラシ、剃刀替刃、制汗剤等)
  • ビューティー(シャンプー、リンス、洗顔料、整髪料等)
  • ペット用品(ペットフード等)
  • ベビー(おむつ等)
このように補充が必要な消耗品が対象になっています。ボタンはブランドごとに用意されており、現在42種類のボタンが購入可能です。ボタンにはブランド名が記載されているので、複数のボタンを使用していても見分けがつきやすく、間違えて注文しないようになっています。対象商品のラインナップは今後さらに拡大していくでしょう。

Amazon Dash Buttonを利用するための条件は?

■プライム会員加入
Dash Buttonはプライム会員のみ利用可能です。
■Wi-Fi環境
Dash Buttonはワイヤレス接続する必要があるので、Wi-Fi環境が必要です。
■スマートフォン
Dash Buttonの設定にはスマートフォンのAmazonショッピングアプリを利用する必要があります。
12

 

アプリのダウンロードはこちら
Amazon ショッピングアプリ - Google Play 
Amazon ショッピングアプリ - App Store


Amazon Dash Buttonの使い方は?

  • プライム会員加入
前述したようにDash Buttonを利用するにはプライム会員である必要があります。会員でなければまずはプライム会員に加入しましょう。加入方法は「Amazonプライムはこんな人におすすめ! 7つのメリット」で紹介しています。
  • Amazonサイトでボタン購入
ボタンを購入するには、Amazonのサイトで他の商品を買うのと同じようにボタンを500円で購入します。例えばミネラルウォーターのボタンが欲しい場合、「サントリー天然水 Dash Button」、「evian Dash Button」、「Happy Belly Dash Button」といったボタンの中から選択し購入します。
button2

 

  • Amazonショッピングアプリをダウンロード
ボタンが届いたら、スマートフォンにショッピングアプリをダウンロードし、設定を開始します。この時に、購入したボタンで購入が可能な商品を選択します。例えば「サントリー天然水 Dash Button」の場合では、「奥大山の天然水」、「ヨーグリーナ&南アルプスの天然水」など11種類の商品の中から選択できます。
button3

 

配送される商品を他の商品に変えたければ、このアプリでいつでも変更できます。また、通常は1プッシュで1単位の注文ですが、1プッシュで複数単位の注文に設定することも可能です。

詳しい設定方法はAmazonのDash Buttonをセットアップするを御覧ください。
  • ボタンを押して商品を購入
ボタンを押すとスマートフォンに注文受付の通知が届きます。間違えて押した場合はここでキャンセルすることも可能です。また、仮にボタンを連打してしまっても、1回目に注文した商品の配送が完了するまで、次の注文はできないようになっているため、大量の商品が届くという事故は起きないようになっています。

Amazon Dash Buttonのメリット・デメリット

このボタンの優れたところは、補充品が必要と思ったときにすぐ注文することで買い忘れがなくなるということです。しかも「実質無料」「誤発注防止機能」によって、金銭的コストをかける必要がなく、誤発注によるダメージを被ることもありまあせん。ちなみに端末のバッテリーは1000プッシュ程度で、切れたときもAmazonが無償で交換してくれるそうです。

強いてデメリットを挙げるとすれば、プライム会員でないと利用できないことでしょうか。ただし、プライム会員(年間3,900円)には他にも様々な特典やメリットがあるので、プライム会員未加入の人はこれを機にプライム会員加入を考慮してはいかがでしょうか。すでにプライム会員であるならば試してみる価値は大いにあります。

続々と登場するAmazonの新サービス

AmazonはこのようなDash Buttonをさらに発展させ、ネットに接続した家電が自ら必要な消耗品を購入する「Amazon Dash Replenishment」も展開しています。例えば洗剤が少なくなった洗濯機が自動的に洗剤を注文する、インクが減ってきたらプリンターが自動的に補充インクを注文するというものです。日本ではまだサービス化されていませんが、Dash Button同様近いうちに日本でもスタートするでしょう。将来的には家中の家具家電にこうした機能が備わった「Amazonハウス」なるものも登場するかもしれませんね。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。