肌の水分保持能を改善する、日本でただひとつの有効成分を配合

今でこそ肌ケアに欠かせない美容液ですが、そもそも美容液が日本に初めて登場したのは約40年前。油分の多い化粧品で肌を守ることが主流だった時代に、コーセーは肌の働きそのものを活性化させるという、新発想の美容液を開発しました。

そして2017年1月、コーセーから日本でただひとつのうるおい改善美容液が誕生します。この美容液に含まれる「ライスパワーNo.11」は、厚生労働省から唯一“水分保持能改善”効果があると認められた有効成分。つまり、従来のうるおいを「与える」という役割を超えて、うるおいを「自らつくり出す」肌に導く、唯一無二のうるおい改善美容液なのです。
ONE BY KOSE 薬用保湿美容液画像

新グローバルブランド、ONE BY KOSEの美容液


ライスパワーNo.11の素材は、私たちが食べているお米

ライスパワーNo.11を語る上で、重要になってくる成分がセラミドです。セラミドには角質内に水分を抱え、うるおいを蓄える力があります。ですが加齢と共に減少し、せっかくうるおい成分を与えてもどんどん蒸発してしまうのです。そこでこのセラミドを産生して、肌の水分保持能を改善する成分がライスパワーNo.11。この有効成分のおかげで、うるおいを自ら作り出すみずみずしい肌に導いてくれます。さらにアクティライズ酵母エキスが配合されているから、改善力をサポートしてくれるだけでなく、細胞生成そのものを活性化されます。このダブルの効果でうるおいバランスが整い、化粧のりや化粧もちも高まります。

使用する時のポイントは、洗顔後のまっさらな肌に使うこと。スキンケアの最初に使うことで、次に使う化粧水の肌なじみを高めてくれます。使ってすぐに吸い込まれるように馴なじんで、ふっくらとキメの整った肌を実感できるでしょう。

■DATA
ONE BY KOSE 薬用保湿美容液[医薬部外品]5000円(税抜/編集部調べ)/コーセー
2017年1月16日発売

■お問い合わせ
コーセー
0120-526-311

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。