1月の株式市場の傾向は?

1月相場は、年末最後の立会いである大納会に続き、年明け最初の立会いである大発会にもご祝儀の意味を込めた買いが入りやすく、株価上昇しやすい月と言われています。また、1月相場は良好な相場環境から「ご祝儀相場」として投資家に広く知られています。今回は、1月の株式市場の動向について、実際に上昇するか過去の株価データから統計的に検証してみました。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
検証対象:全銘柄
検証期間:1990/03/01~2016/11/28
1銘柄当たりの投資金額:20万円

買い条件
・12月末の最終営業日の寄り付きで買い

売り条件
・25日経過後の翌日営業日寄り付きで売り
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

12月末に全銘柄を購入し、25日経過後に売却した場合について検証を行います。仮に、勝率が50%以上で損益がプラスならば、1月は株価が上がりやすい月となります。反対に損益がマイナスであるならば、1月は下がりやすい月といえます。

以上のルールで過去のデータを用いて検証した結果は、以下の通りです。



株式市場の傾向(1月)の検証結果

システムトレードの達人

システムトレードの達人

勝率: 51.85 %
勝ち数: 37,529 回
負け数: 34,856 回
引き分け数: 1,771 回

平均損益(円): 3,284 円  平均損益(率): 1.64 %
平均利益(円): 20,507 円  平均利益(率): 10.25 %
平均損失(円): -15,092 円  平均損失(率): -7.55 %

合計損益(円): 243,539,714 円  合計損益(率): 121,770.35 %
合計利益(円): 769,592,995 円  合計利益(率): 384,805.30 %
合計損失(円): -526,053,281 円  合計損失(率): -263,034.96 %

プロフィット・ファクター(合計利益÷合計損失): 1.463
平均保持日数: 27.27 日:

以上が、株式市場の傾向(1月)の検証結果です。検証結果を見てみると、勝率は51.85%、平均損益は1.64%です。勝率が5割を超えており、1トレードあたりの平均損益もプラスとなっていることから、1月は上がりやすい傾向があると言えるでしょう。

過去のデータによると、12月も、投資家の節税対策の売りが一巡すると買いが入りやすくなることから株価上昇する傾向があると言われており、特に中旬からその傾向が強くなります。1月はこのような12月の流れを引き継いで上昇トレンドを形成しやすい傾向があると言えるでしょう。

次は、上がりやすい1月相場で、過去に好調な成績を残している個別銘柄を確認してみましょう。



1月好成績ランキング

システムトレードの達人

システムトレードの達人


上記の表は先ほどの検証結果において、勝率の高かった銘柄のランキングです。ランキング上位の銘柄から特徴を見ると、「ワイズテーブルコーポレーション<2798>」「トレジャーファクトリー<3093>」「東葛ホールディングス<2754>」などの銘柄と相性がいいようです。

これらの銘柄は、「小売業」に分類されます。小売業関連銘柄は個人消費に左右される消費関連株の一つです。消費関連株には百貨店やスーパー、コンビニ、アパレル、食品、家電、レジャーなどの銘柄が該当しますが、これらは通常、消費者の購買意欲の向上や低下によって業績や株価が影響を受けるため、景気が良くなると購買意欲が高まり株価が上昇する傾向があります。相場環境が良好である1月相場では、上記のような銘柄に買いが入りやすいと考えられます。1月の投資戦略を考える上でこれらの銘柄に注目してみてはいかがでしょうか。

【期間限定】今回の検証ができる株式投資ソフトのフリー版を無料プレゼントします。こちらをクリックください

(このテーマでの検証については、【システムトレードの達人】を使って検証しています。記事の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性、利用者にとっての有用性を保証するものではありません。当社及び関係者は一切の責任を負わないものとします。投資判断はご自身の責任でお願いします。)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。