ローソンの中華まんもパッカーン!

ローソンの中華まん8品

ローソンの中華まん8品

後で購入したローソン中華まん3品

後で購入したローソン中華まん3品

2016年のコンビニ中華まん試食&紹介、今回は新潟市内のローソンで11月中旬に販売していた11品です。思ったよりも多い品数を販売していました。

前回のセブンイレブン版に引き続き、今回も中華まん真っ二つのパッカーン写真で中身も紹介いたします。

 

特製国産カニホタテまん

特製国産カニホタテまん

特製国産カニホタテまん

熱量:247kcal、税込320円

昨年もローソンのフカヒレまんを紹介しましたが、2016年も豪華な中華まんを紹介いたします。鳥取県境港産の紅ズワイガニと北海道、青森県産のホタテを使用した中華まんです。1個320円と、他の品の2倍以上の価格です。

カニの香りが強いです。味もカニとホタテの味がしっかり出ています。味付けは濃い目ですが、皮も厚めなので、具に負けません。ボリュームはちょっと物足りなく感じるサイズですが、そう思ったらもう1個食べましょう。

極上肉まん

極上肉まん

極上肉まん

熱量:342kcal、税込170円

ローソンの中華まんで『極上』と名前につく品は、ふわふわな皮を使っています。小ぶりな品が多いローソンの中華まんの中で、大き目のサイズになっています。

具も多いですが味があっさり目であることと、ふわふわの皮というのもあり、ボリュームを求める人にとっては物足りないかもしれません。

肉まん

肉まん

肉まん

熱量:211kcal、税込120円

こちらがレギュラーサイズの肉まんになります。

前述の『極上肉まん』より小ぶりですが、具は歯ごたえがあること、皮もしっかりしているので、こちらのほうが好みの方もいらっしゃるのではないかと思います。

釜焼チャーシューまん

釜焼チャーシューまん

釜焼チャーシューまん

熱量:226kcal、税込160円

角切りにしたチャーシューがゴロゴロ入っています。タケノコのシャキシャキとした歯ごたえが快いです。

あんかけタイプの具は味も深く、後味で白飯が一膳食べられるほどです。

キーマカレーまん

キーマカレーまん

キーマカレーまん

熱量:212kcal、税込120円

隠し味にガラムマサラを使用した本格キーマカレーが具に入っています。

具が少ないように思いましたが、メチャメチャ辛いので、皮とのバランスは適切だと思います。辛さが後を引きます。

欧風カレーまん

欧風カレーまん

欧風カレーまん

熱量:211kcal、税込120円

14種類のカレースパイスで味付けをしています。

欧風と名前にあるので、マイルドな味だと思いましたら、こちらも辛口でした。キーマカレーまんと比べると、こちらのほうがサイズが大きいので、辛いカレーが苦手な人にはちょっとキツいかもしれません。

ピザまん

ピザまん

ピザまん

熱量:206kcal、税込120円

モッツアレラチーズとゴーダチーズの2種のチーズを贅沢に使用しています。

これも具が少なめではないかと思いましたが、ソースが濃厚なので、キーマカレー同様、皮とのバランスは適切だと思います。

極上ピザまん

極上ピザまん

極上ピザまん

熱量:262kcal、税込170円

この品も『極上』が名前に付きますので、ふわふわの皮になっています。ベーコンがたくさん入っていて、肉のうまみが楽しめます。

濃厚ソースとふわふわの皮がマッチしていない気が若干いたしました。もちもちの皮だと、食べごたえがあるのではないかと思います。

北海道小豆の粒あんまん

北海道小豆の粒あんまん

北海道小豆の粒あんまん

熱量:234kcal、税込120円

北海道産小豆を100%使用した粒あんまんです。安っぽいアンコのあんまんですと、甘いだけで小豆の味がしませんが、この品はしっかり小豆の味がします。

大きさは小ぶりですが、食後のスイーツとしては手ごろなサイズだと思います。

北海道小豆のごまあんまん

北海道小豆のごまあんまん

北海道小豆のごまあんまん

熱量:254kcal、税込120円

北海道産小豆『きたろまん』を100%使用しています。

ごまの香りが香ばしいです。こちらも粒あんまん同様、甘さ控えめです。2個食べても飽きないと思います。

安納芋まん

安納芋まん

安納芋まん

熱量:175kcal、税込140円

種子島産の安納芋のダイスカットとペーストを使用しています。

セブンイレブンにも安納芋を使った『やきいもまん』がありましたが、こちらの品はそれと比べるとあっさりとしています。

ローソンの中華まんは複数個買いで楽しもう!

以上、ローソンの中華まん11個を紹介いたしました。

他社と比較して小ぶりなのは、いろいろな味を楽しめる配慮ではないかと思います。大きいものを1個食べるよりも、小さいものを複数個食べたほうが楽しいですよね。

ベーシックな品から、カニホタテまんのような豪華なものまであるので、店頭で悩みながら選ぶことも楽しみになるかと思います。

【関連記事】

2016年版 セブンイレブンの中華まん6品試食レポート!
2016年版 ファミマ&サンクスの中華まん10品試食レポート!

【外部リンク】

ローソンの中華まん

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。