2016年はスーパームーンを超えた「ウルトラスーパームーン」に

スーパームーン」とは、月が地球に最接近したとき(の前後)に生じる満月のことです。2016年は、11月14日(月)の満月がスーパームーンになります。しかし、ただのスーパームーンではありません! 月と地球の距離がぐんと縮まって、なんと68年ぶりの近さに。まさに、スーパームーンを超えた「ウルトラスーパームーン」といえます。

月が地球を周回する軌道は楕円のカタチをしていて、月は公転しながら地球に近づいたり遠ざかったりしています。地球から月までの平均距離は約38万km、月が一番地球に近づくときは約36万km、一番遠ざかるときは約41万kmです。

2016年11月14日の場合、月と地球の距離は35万6509km。これは、1948年1月26日の35万6461km以来の近さになります。

それでは、ここ何年ヵ分の、月が地球に最接近したときの距離を見てみましょう。

・2015年09月28日 35万6877km
・2014年08月11日 35万6896km
・2013年06月23日 35万6991km
・2012年05月06日 35万6955km
・2011年03月20日 35万6574km
・2010年01月30日 35万6592km

直近だと2011年3月20日が35万6500km台になっていますが、下2桁の数値が今年に及びません。さらに時間をさかのぼって1948年まで調べてみましたが、やはり今年ほど月が地球に近づく年はありませんでした。

ちなみに、今年くらい月と地球が近づくのは、18年後の2034年11月26日。その距離は35万6500kmをきって、35万6400km台になります。

じつは3ヵ月連続でスーパームーンになる!?

今年のスーパームーンは、月と地球の距離をフォーカスしたことで、68年ぶりという特別感がプラスされました。けれど、スーパームーンは天文学の用語ではなく、学術的な定義は存在しません。満月をスーパームーンと呼ぶ、距離の値がはっきりと決まっているわけではないのです。そのため、さまざまな解釈をすることができます。

NASAは、10月・11月・12月の、3ヵ月連続でスーパームーンになると伝えているから驚きです! そのなかでも、11月の満月は“エクストラスーパームーン”といっているので、やはり注目すべき月であることは間違いないでしょう。
 

11月14日は、この時刻に注目!

天体はつねに動き続けているので、月と地球の位置関係も刻々と変化しています。月が地球に近づくときも、満月になる瞬間も時刻で示せます。

11月14日、月が地球に最接近するのは20時21分です。そして、満月をむかえてウルトラスーパームーンになるのが22時52分。この時刻に夜空を見上げれば、ウルトラスーパームーンになった瞬間に立ちあうことができます。同時刻、月は見やすい高さに昇ってきていますから、方角を気にする必要はありません。夜空に惑星や星座を探すのにはコツがいるものですが、月は誰でもすぐに見つけられる天体なので、気楽に空を見上げてみましょう。

スーパームーン

迫力ある月の光景を想像するだけでワクワクしてきます


スーパームーンは平均的な満月と比べて、約30%明るく、約14%大きく見えるといわれています。11月14日も同様ですが、体感としてはもっと明るくて大きく見えるかも……ぜひ自分の目で確かめてみてくださいね。

【関連記事】
人気上昇中! 「スーパームーン」の魅力とは
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。