投資でもっとも必要なのは「メンタル」

投資で勝つために必要なものは何かご存知ですか。情報、知力、体力、人脈などいろいろありますが、一番大事なのは間違いないくメンタル!メンタルにも、勇気、執着心、集中力、切換える力などと、いろいろありますが、もっとも大事なことは、これです。

「お金を失う恐怖心と闘い、それを克服する力」

初心者は急騰前に売っている

投資に絶対や完璧はありません。結果も一直線に利益が出るわけはなく、上下にブレながらゴールに向かいます。投資の途中で損が出ることもあります。途中にぼんやりと現れる損くらいなら、乗り越えられるかもしれません。

しかし、誰もが青ざめるような急落も起こります。やっかいなことに、大きな利益が出る直前には、もっとも厳しい損が出るものです。いわゆる「夜明け前が一番暗い」という状況で、多くの投資家は、夜明け前に恐怖心に屈服して捨て値で投資から撤退します。

また、損をしまいと必死になるほど、損が拡大するのも、投資でよくある現象です。損失をいとわない気持ちが、道を開くのです。

株価が大底を打つメカニズムは?

大底にも、投資家の恐怖心と大いに関係があります。株価は、投資家の心理が恐怖心に襲われたときから急落します。そして、恐怖心から売る人がいなくなったときに、下げ止まりします。それが大底です。つまり、恐怖心を克服し、資産を保有し続けた人だけになったとき、市場には売り手がいなくなり、資産価格は急反発を始めます。

こうして、お金を失う恐怖心を克服できなかった人は、いつも最大の損失をこうむります。逆に、克服できた人は最大の利益を得るのです。一流の投資家はこう言います。

「失っても諦められる金額だけを投資している」

その割り切りができるから、投資もうまくいくのです。お金を失いたくないと思っている人ほど、投資でお金を失ってしまうのは、実に逆説的な真実です。では、どうしたらお金を失う恐怖心を克服できるようになるのでしょうか?

恐怖心を克服する力を身につける4つの方法

1.自分の豊かさを自覚すること
そもそも、投資をするお金があるということ自体が、恵まれています。世の中には、投資をするお金など持たない人が圧倒的に多いのですから、投資の損を心配しているあなたは、間違いなく豊かです。

豊かである証拠に、たくさんの優良資産を持っているはずです。健康、家族、家、友人、……などなど。それらをお金に換算したら何億円になるでしょうか?そして、今の損失はその何割になるのでしょうか?健康な身体が1億円として、100万円の損を出していたら、それは資産に対して1%の損失に過ぎないのです。自分の価値を過小評価してはなりません。

2.己の潜在的稼ぐ力を知ること
豊かさの裏付けとなる資産のうち、もっとも有望なものはその人の将来の稼ぎ力。これから受け取るであろう生涯の賃金や収入です。たとえ、あなたが専業主婦で働いていなかったとしても、家族がお金を稼げているのなら、配偶者の稼ぎ力もあなたの優良資産です。稼ぎ手の生産力を高めるように、家族として最高のサービスをしてあげたらいいのです。将来の稼ぎ力を累計すると、人の総資産は1~3億円にもなることを知ってください。

3.行動には費用がかかると悟ること
投資の損を気になるのは分かりますが、他にもっと残念なお金の使い方はありませんか?人生の中で、これまで多くの授業料を払ってきていませんか?役に立たなかった英会話教材費。うっかり買ってしまったサイズ違いの衣服。急病でいけなくなってしまった旅行のキャンセル料。途中で断念した資格の取得費用。

私たちは、生きていく上で様々な不確実性に直面し、多くのお金を払うことで、ミスマッチを帳消しにしてきたのです。ということは、投資にも授業料や体験のコストは必要です。始めてからせめて3年は、投資の損は必要経費と割り切ってはいかがでしょうか?ただし、その損失をただの捨て金ではなく、授業料とするためには、体験から学ぶ姿勢と知性が必要です。

4.克服して得られる返報の法則を胸に刻むこと
困難を乗り越えるには、乗り越えて得られる成果に対して、確信がないとできません。恐怖心を克服すれば、必ず利益が得られると信じることです。これは体験によって補強されますから、勝てば勝つほどに耐えられるようになります。投資初心者は疑心暗鬼になりがちですから、心に留めておきたいポイントです。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。