業界初!飛行機の搭乗が「LINE」で可能に

P1

北海道の航空会社AIRDOがLINEで提供する新たな搭乗サービス「AIRDO ONLINE Service」の画面。航空会社で初の試みです

北海道の航空会社「AIRDO」(エア・ドゥ)が、航空会社として初めて、LINEが提供する法人向けサービス「LINE ビジネスコネクト」を活用した新たな搭乗サービス「AIRDO ONLINE Service」を開始しました(2016年10月18日よりサービス提供開始)。

主なサービスは、搭乗便の予約照会、搭乗する際の「QRコード」表示、旅に役立つ情報の発信など。これまでのメールやスマートフォン向けアプリケーションなどとは異なる、航空会社が提供する搭乗サービスとして注目を集めています。


「AIRDO ONLINE Service」の利用方法

まず、LINEで、エア・ドゥのLINE公式アカウントを検索し、「友だち登録」します。すると、エア・ドゥからトーク画面にメッセージが届き、利用できる内容が表示されます。
P2

「AIRDO ONLINE Service」の画面。搭乗に必要なQRコードの取得をはじめ、旅に便利な機能にLINE上からすぐにアクセスできます

空港でスキップサービスを利用する際に必要なQRコードを、LINEのトーク画面から直接取得できるのをはじめ、空席照会や予約、運航の見通しなどのボタンを押すと、エア・ドゥのWebサイトに直接アクセスできる機能などが利用できます。
P3

搭乗便の予約照会画面はシンプル。LINEから自分が搭乗する便の予約情報がひと目でわかります

エア・ドゥの搭乗便をパソコンなどで予約、購入、座席指定をした後、LINEのトーク画面から予約照会すると上の画面が表示されます。日付や便名をはじめ、出発と到着の空港とそれぞれの時間、搭乗口と座席までひと目でわかるように表示されます。
P4

予約画面とQRコードの表示画面。QRコードは空港の保安検査場や搭乗ゲートでかざすとそのまま通過できて便利です


予約照会の画面から「QRコードの取得はこちら」をクリックすると、空港でのスキップサービス(空港で搭乗手続きをせずに直接保安検査場に進めるサービス)で利用できる「QRコード」が表示されます。これがあれば紙の搭乗券は必要なく、空港カウンターでのチェックイン(搭乗手続き)も不要。そのまま保安検査場、搭乗ゲートをスムーズに通過できるので便利です。
※スキップサービスの諸条件を満たしていない場合はQRコードが表示されません。※スキップサービスはANAの登録商標です。


LINEで提供する6つのコンシェルジュ機能

LINEでの搭乗のほかにも、便利な機能があります。
P5

「AIRDO ONLINE Service」開始に先立って行われた記者発表会にて。LINEからは上級執行役員の田端信太郎氏が出席して新サービスの魅力をアピール

「旅のコンシェルジュ」として、トーク画面で、エア・ドゥの就航地などの旅に役立つ情報を発信します。例えば、トーク画面で「札幌」と入力すると、札幌の観光情報などが表示される仕組みです。ほかに、空席照会・予約、予約確認・購入、運航の見通し、エア・ドゥが提供する「My AIRDO」会員ログインも、LINEの画面から直接アクセスできて便利です。

エア・ドゥでは今後もLINEを利用し、就航地の魅力的な情報、キャンペーンなどのお得な情報の配信、利用者の問合せなどに対応するサービスなどを拡張予定とのことです。


今だけ限定!「ベア・ドゥ」のLINEスタンプがもらえる

P6

「ベア・ドゥ」アニメーションスタンプは全8種類。グッズや時刻表などで航空ファンおなじみの人気キャラクターです

エア・ドゥは、LINE公式アカウント開設に合わせ、マスコットキャラクター「ベア・ドゥ」のLINEスタンプを期間限定で、無料で提供しています。エア・ドゥのLINE公式アカウントと友だち登録するとダウンロードできます(スタンプ配信期間は2016年10月18日から2017年1月9日まで)

ほかにも、全路線800ポイントで特典航空券と交換できるディスカウントポイントキャンペーン、新規でLINEの友だちになってMy AIRDO会員に新たに登録するともれなく100ポイントをプレゼント、My AIRDO会員でLINEの友だちになった人向けに無料航空券やAIRDOポイントなどを抽選でプレゼントするキャンペーンなどを実施しています。

普段使い慣れているLINEを利用することにより、搭乗がもっと楽になる今回のサービス。エア・ドゥ以外の航空会社でも広まると良いですね。

AIRDO(エア・ドゥ)
エアライン初!LINEで搭乗「AIRDO ONLINE Service」開始!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。