週末限定のランチブッフェ

エントランス

エントランス

東京マリオットホテル1階の「ラウンジ&ダイニング G(ジー)」では、土日祝日限定でランチブッフェが行われています。メインディッシュを1品選んで、前菜とデザートがブッフェとなる方式です。気持ちのよい空間で優雅な休日のランチを楽しめるということで、人気を博しています。

季節によってフェアが変わり、内容も変わるので、飽きさせません。2016年9月3日から11月27日まで「信州ウィークエンド ランチブッフェ」が行われており、前菜やメインディッシュで豊かな信州の食材を使った料理が提供されています。

ウィークエンド ランチブッフェ

ウィークエンド ランチブッフェの内容な以下の通りです。

ウィークエンド ランチブッフェ 4800円 ※キッズメインディッシュは2800円 ※税・サービス料は別途
  • お好きな前菜をブッフェから
  • カボチャとゴルゴンゾーラチーズのニョッキ
  • メインディッシュをお選びください
  • デザートブッフェ
  • コーヒー
メインディッシュは1品を選ぶことができ、ニョッキとメインディッシュはちょうどよい頃合いを見計らって運んで来てくれるので、最高の状態のものを食べられます。

豊富なメインディッシュ

メインディッシュはこちらから選ぶことができます。
※時期によって変わります。
  • 立科高原豚のグリル
  • アンガスビーフハンギングのグリル
  • 築地より本日の白身魚のポワレ
  • BBQ バックリブ
  • 鶏モモ肉のコンフィ青唐辛子味噌焼
  • 信州ハーブ鶏のグリル
  • 蓼科ランプのグリル +1500円
  • 土佐赤牛フィレ肉のグリル +6000円
※税・サービス料は別途

キッズメインディッシュ

子供用として、キッズメインディッシュまで用意されています。
  • ハンバーグステーキ
  • ミックスグリル(ハンバーグ、チキン、ソーセージ)
  • 牛肉のサイコロステーキ
お肉が中心で、どれも子供が好きそうなメニューです。家族で訪れても安心でしょう。

次はブッフェ台を紹介します。

前菜のブッフェ台

前菜のブッフェ台

前菜のブッフェ台

  • パン
    浅野屋のパン3種、ホテルブレッド3種
  • マッシュルームスープ
  • 軽井沢で人気の「腸詰屋」の生ハム
  • シーザーサラダ
    レタス、水菜とレンコン、セロリとタコ、カニとパスタのサラダ、サツマイモのサラダ、クルトン、シーザードレッシング
  • 前菜
    マダイのカルパッチョ、トラウトサーモンのマリネ、スモークしたサンマ、ブロッコリーのスープとシュリンプ、マッシュルームと野沢菜のキッシュ、ローストダックとフォワグラ
「信州フェア」が行われていたので、パンで有名な「浅野屋」のパンも提供されています。冷菜が中心の前菜類が充実し、フォワグラを使った一品まであります。

デザートブッフェのブッフェ台

デザートのブッフェ台

デザートのブッフェ台

  • マチェドニア
  • アップルゼリー
  • グレープゼリー
  • ほうじ茶のプリン
  • モンブラン
  • パリブレスト
  • パウンドケーキ
  • ストロベリーショートケーキ
  • アイスクリーム
    洋梨、ストロベリー、バニラ
前菜と同じくブッフェ形式となっているデザートも少なくありません。東京マリオットホテルの有名なストロベリーショートケーキや見た目も美しいヴェリーヌ、さらには実演のモンブランまでと幅広いです。

次は特におすすめのものを一つずつご紹介していきましょう。

パン

パン

パン

「信州フェア」なので、軽井沢で大人気となっており、東京へも進出している「浅野屋」のパンも食べられます。もちろん、東京マリオットホテルの自家製パンも食べられるので、非常にお得であると言えるでしょう。

マッシュルームスープ

マッシュルームスープ

マッシュルームスープ

マッシュルームスープは「ル・クレーゼ」の鍋で作られています。マッシュルームの香りと味わいが閉じ込められた印象深いスープです。

マダイのカルパッチョ

マダイのカルパッチョ

マダイのカルパッチョ

底にワカメが敷かれており、マーシュ、ミニトマト、ジュレ、ヤマイモのダイスが賑やかに散らされています。

ブロッコリーのスープとシュリンプ

ブロッコリーのスープとシュリンプ

ブロッコリーのスープとシュリンプ

ブロッコリーの自然な甘味を讃えたスープの底には、シュリンプとムースがあります。底からすくって食べると複雑な味わいがして、よりおいしく感じられるでしょう。

マッシュルームと野沢菜のキッシュ

マッシュルームと野沢菜のキッシュ

マッシュルームと野沢菜のキッシュ

マッシュルームと野沢菜で、ヘルシーなキッシュに仕上がっています。野沢菜の歯応えがよいアクセントです。

ローストダックとフォワグラ

ローストダックとフォワグラ

ローストダックとフォワグラ

トーストしたブリオッシュの上に大きなローストダックとフォアグラが惜し気もなく載せられています。とても贅沢な前菜でしょう。

カボチャとゴルゴンゾーラチーズのニョッキ

カボチャとゴルゴンゾーラチーズのニョッキ

カボチャとゴルゴンゾーラチーズのニョッキ

パスタは頃合いを見て運ばれてきます。ニョッキと相性のよいカボチャのクリームをあわせ、ゴルゴンゾーラの香りが広がって心地よいです。

アンガスビーフハンギングのグリル

アンガスビーフハンギングのグリル

アンガスビーフハンギングのグリル

人気の一品。赤身が中心で食べ応えがありますが、脂もそれなりにあり、ボリュームも満点。ガーリックソースが食欲をそそります。

築地より本日の白身魚のポワレ

築地より本日の白身魚のポワレ

築地より本日の白身魚のポワレ

真鯛が使われています。ポワレのお手本のような焼き方で、外はカリカリに中は柔らかくなっています。

信州ハーブ鶏のグリル

信州ハーブ鶏のグリル

信州ハーブ鶏のグリル

さっぱりとした胸肉と皮付きで脂のある腿肉を使った一品。しつこくありませんが、しっかりとした分量があります。

ミックスグリル(キッズメインディッシュ)

ミックスグリル(ハンバーグ、チキン、ソーセージ)

ミックスグリル(ハンバーグ、チキン、ソーセージ)

キッズメニューも用意されています。ミックスグリルはハンバーグ、チキン、ソーセージもあって、お得なメニューです。

ほうじ茶のプリン

ほうじ茶のプリン

ほうじ茶のプリン

穏やかな甘味を携えたほうじ茶風味のプリンの上に黒豆が散りばめられています。

モンブラン

モンブラン

モンブラン

実演で提供され、目の前で作ってくれます。ビスキュイにマロンクリーム載せて、カシスクリームを絞り、仕上げにバナーで炙ります。

パリブレスト

パリブレスト

パリブレスト

香り高いプラリネクリームをパリッとしたシュー生地で挟んでいます。

ストロベリーショートケーキ

ストロベリーショートケーキ

ストロベリーショートケーキ

東京マリオットホテルのシグネチャースイーツです。ジェノワーズ生地がピンクの装いで、見た目にとてもインパクトがあります。口当たりはとてもリッチで高級感溢れるショートケーキです。

■ラウンジ&ダイニング G(ジー)
住所:東京都品川区北品川4-7-36 東京マリオットホテル 1F
TEL:03-5488-3911(代表)
実施時間:土日祝 12:00~14:30
制限時間:なし
値段:4800円 ※キッズメインディッシュは2800円 ※税・サービス料は別途
アクセス:JR線、京急線「品川」駅の高輪口より無料送迎バス約5分または徒歩10分
地図:Yahoo!地図情報
URL:http://www.tokyo-marriott.com/

※データは記事公開時点での内容です
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。