「自分を安売りしない」のは鉄則!

大人の女性

酸いも甘いもかみ分けた、大人のバツイチ女性の包容力に惹かれる男性は少なくありません!

自分自身が離婚で傷ついたことがきっかけで、相手の気持ちに敏感になるようになったり、多少のことでは折れない強さと寛容さを身に着けたりしたバツイチ女性のなかには、「シングルのときより異性にモテているな、と実感することが増えた」という人も少なくありません。

大人の男性のなかには、「たしかに若い子はかわいい。でも、子どもっぽくて面倒くさい面もたくさんある」と感じ、「それに比べて、酸いも甘いもかみ分けたバツイチ女性のおおらかさに惹かれる」という男性も多いからです。

注意したいのは、モテるからといって自分のことを“安売り”しないようにしましょう。いろいろな人との出会いを楽しむのはいいことですが、本当に大切な人と深い関係になったとき、「あのとき、あんな軽はずみなことをしなければよかったな……」と後悔するのはもったいないことです。過去の思い出が“黒歴史”に変わらないよう、相手を見極めながら新しい恋愛を楽しみましょう。

バツイチ女性が「今度こそ幸せをつかむための3ステップ」


モテるためのポテンシャルが備わっているのに、自分からグイグイと相手に責めることができないような奥ゆかしいバツイチ女性もいます。そんな控えめなバツイチ女性が“口説かれ上手”になるためには、3ステップ式で前に進む方法もあります。

よく、「ホップ、ステップ、ジャンプ!」と、はずみをつけて飛躍する表現がありますが、バツイチ女性の新しい恋愛もこれと同じ仕組みです。過去の恋愛や結婚をバネにして、より楽しく明るく幸せに生きていくためには、3つの目標を設定することが大切なのです。

たとえば、バツイチから再婚を目指そうと思うなら「出会い→恋愛→再婚!」が、「ホップ、ステップ、ジャンプ!」の3ステップです。すでに新しい恋人候補の男性がいる人であれば、「デート→同棲→再婚!」でもいいかもしれません。お子さんがいる人なら、「子どもに会わせる→親に紹介する→再婚!」もありでしょう。

3ステップ式で目標を設定しつつ最終的には大きな幸せを目指す方法は、最初から大きな目標を立てて奮闘するよりも無理なくスムーズに前に進むことができます。小さな“モテ”を実感しながら、それを大切に積み重ねていくことで、大きな幸せをしっかりと手に入れる――それが賢いバツイチ女性が幸せになるためのひとつの方法でもあるのです。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。