バツイチ女性

離婚を人生のマイナスとして終わらせるのではなく、大きな幸せをつかむためのステップにできる女性が増えています!

3組に1組の夫婦が離婚する時代――そんなふうに言われるようになって、ずいぶんたちます。「不幸な結婚は、幸せな離婚をして人生をリセットしよう」という考え方が広まり、周りにもバツイチの男女が増えているのではないでしょうか。

ところで、同じバツイチの女性でもモテる人とそうでない人がいるのはたしか。そこで今回は、モテるバツイチ女性をテーマに、彼女たちがなぜモテるのか、どうしたらそんなモテるバツイチ女性になれるのか、を考察していきましょう。

口説かれ上手なバツイチ女性になるポイントや、モテるバツイチ女性を口説くためのコツも満載。ぜひ参考にしてください!

バツイチ女性の特徴は2パターン

離婚をすると、多くの女性の場合、経済面や生活面、法律的なことも含め、あらゆることで「ひとりぼっち」を感じることがあります。離婚を経験することで、「ひとりで生きていく」という現実を知ることにもなるでしょう。

ですが、もちろんこれは悪いことではありません。ひとりにならないと見えてこないこともあるからです。さびしさや切なさ、悲しみを知ってこそ、包容力のある大人の女性になれるはず。人の痛みに気づき、当たり前のことに感謝できる人が、次のステージで幸せになることができるのです。

不思議なことに、そこまで自分を追い込むと、家族や友達、離婚経験者の知人など、応援してくれる人がいることにも気がつくものです。ひとりで生きていくことを覚悟した人には、「離婚はしたけれど、自分はひとりではないんだ」と思える強さもそなわるようになります。

そんなふうに、人として奥行きが出てきた「モテるバツイチ女性」は、離婚を経験後、男性に対する傾向として2つのパターンがあります。

【パターン1:モテるバツイチ女性の特徴】
ひとつは、「新しい人と付き合ったり結婚したりしても、またうまくいかなくなるのでは?」と男性に対して疑い深く、臆病になっているパターンです。離婚までの道のりが大変なものだったからこそ、次の恋愛や再婚に対しては慎重になります。新しい出会いがあったからといって、すぐに再婚を考えるようなことをしないのも、このタイプの女性の特徴です。

【パターン1:モテるバツイチ女性の口説き方のツボ】
このタイプのバツイチ女性の心をつかむには、とにかくまずは「優しく、思いやりのある態度で接すること」、そして「時間をかけて距離を縮めること」がカギになります。離婚で傷ついた心をじっくりと癒やしている過程で、「気づけばずっと私のそばにいてくれるあたたかい人」という存在が求められるからです。

【パターン2:モテるバツイチ女性の特徴】
モテるバツイチ女性の男性に対するもうひとつのパターンは、「そもそも私には男運がないに違いない」と諦めて、男性から逃げてしまっているタイプです。たまたま結婚した相手とはうまくいかなかっただけ、という場合でも、自分を責めてしまいがちです。新しい出会いの可能性があっても、最初から身を引いたり、遠慮したりして、自分から男性を遠ざけてしまう言動をするのも、このタイプの女性の特徴です。

【パターン2:モテるバツイチ女性の口説き方のツボ】
このタイプのバツイチ女性の心をつかむには、「相手をほめること」「小さな約束を果たすこと」の積み重ねがカギになります。「いつも綺麗にしているね」「新しい髪型、素敵だね」などと相手のいいところをほめてあげることで、失いかけた自信を取り戻すサポートをします。さらに、「今度、おいしいビールの店につれていってあげるよ」「旅行のお土産、買ってくるね」といった小さい約束ごとをしっかり果たしていくことで、「この人って、信用できる人なのかも」と信頼感を高めることができるようになるからです。

このように、相手のタイプによって求められる男性のタイプや、好ましく感じる男性のタイプは異なります。

次に、どのようなタイプのバツイチ女性であっても、必ずといっていいほど幸せになれる考え方のコツをご紹介します!

>>次のページでは、バツイチ女性が「やってはいけないこと」「やるべきこと」をご紹介します!