近所ならベースメークは簡単でもOK!でも電車でお出かけの時は…

お出かけする女性

お出かけのときは自信をもって笑顔でいたい

近所の外出ならベースメークは紫外線対策としてササッとBBクリームだけの自分を許せるけれど、電車に乗って出かけるとなると薄づきイメージのBBクリームだけだとちょっと肌に自信が持てない。だから、きちんとメークして出かけたいと思う方は多いようです。限られた時間の中で帰って来なければいけない主婦にとって、なるべく時短できれいにベースメークを整え自信を持って出かけたいですね。

40代からの肌は色々な悩みが気になり始めます。シミ・そばかす・黄ぐすみなど、気になるところを隠そうと思って厚塗りにしてしまいますが、それによってより老けた印象になってしまうことも。

40代頃から気になる黄ぐすみ

特に40代から気になるのが黄ぐすみ。真皮が変色することで肌が黄色くくすんでくる現象のことをいいます。この黄ぐすみを引き起こすのが糖化とカルボニル化です。

糖化とは、体が処理できなかった糖が体内のたんぱく質と結合して「糖化生成物(AGEs)」となること。過剰な糖の摂取による血糖値の上昇が原因です。カルボニル化は、真皮のたんぱく質が脂質の分解物と結合することで、紫外線・喫煙・ストレスなどで生じる活性酸素・加齢に伴う鉄蓄積、食事や生活習慣などが原因で起こります。ちょうど40代あたりから代謝が落ちてくるので、これらの原因が蓄積されて黄ぐすみを引き起こします。

老け印象になる「黄ぐすみ」のケアポイント

スキンケアする女性

年齢とともに気になる黄ぐすみ。毎日のケアで若見え印象アップ

黄ぐすみは老け印象を与えるのでどうにかしたいと思っても、その方法がわからない方も多いのではないでしょうか? 大丈夫、あきらめないでください! 日々のケアで黄ぐすみも改善できるのです。では、黄ぐすみを改善するための生活習慣をご紹介します。

  1. 保湿:化粧水や乳液などのスキンケア化粧品で十分に保湿します。スキンケアの基本は保湿ですよね。しっかり土台を作ってから、美白効果の高いスキンケアをしていきます。毎日のUVケアも忘れずに。
  2. 食生活:特に、スナック菓子や甘いお菓子を食べすぎないこと。ドレッシングに使うオイルは亜麻仁オイルやえごまオイルがオススメです。油を加熱する場合、酸化しにくいオリーブオイルやココナッツオイルを使うようにしましょう。抗酸化作用の高いビタミンA・C・Eやポリフェノールなどを摂取するのも効果的です。
  3. 生活習慣:適度の運動、十分な睡眠、ストレスを上手に発散、湯ぶねにつかり体を温めるなど、代謝を高めるような生活習慣を作りましょう。

紫外線や化粧崩れが気にならないBBクリーム

できてしまった黄ぐすみの肌は、どうしたらいいでしょうか? ポイントは、ベースメークでしっかりカバーすることです。

私は、これまでコントロールカラーやコンシーラをフル回転して気になる黄ぐすみをカバーしていました。BBクリームだけではカバーしきれないですし、プロとして内心「BBってどうなの?」って思っていました。ところが、このDHC BBクリーム GEは予想を裏切り、「あれ?意外にいいかも!?」と、思わず手のひらで肌を確認してしまいました。
DHC BBクリーム GE

すーっとのびて肌なじみがいいDHC BBクリーム GE


メークアップアーティストの仕事は、スタジオでの撮影だけでなく屋外の撮影もしばしば。そのため、モデルや女優の紫外線ケアなどにも心を配ります。自分のことは二の次で、撮影中に日焼け止めをつけたり、メーク直しはしていられません。

そんなとき、保湿、化粧下地、UVカット、ファンデーション、コンシーラ機能を備えているオールインワンタイプのDHC BBクリーム GEをぬって撮影現場にでかけたところ化粧くずれもないのでびっくりしました。忙しくモデルさんのメークしたり直したりしながら合間に鏡に映った自分の顔を見ると、カバー力があって、いい感じになり気に入りました。
DHC BBクリーム GEの使用前(左)と、使用後(右)

DHC BBクリーム GEの使用前(左)と、使用後(右)


このBBクリームを使ってみるまで、こんなにカバーできると期待していませんでした。私自身も自信が持てて笑顔で仕事ができています。

しっかりカバー&ナチュラルな今ドキ肌を作るBBクリームのメーク法

いつまでも若々しい雰囲気をまとうには、今ドキメークを取り入れましょう。肌の質感を残したナチュラルなツヤ肌がポイントです。

ではここで、しっかりカバーしながらもナチュラルな今ドキ肌をつくる、DHC BBクリーム GEを使ったメーク法をご紹介します。
  • DHC BBクリーム GEを指にとって、小鼻の脇の頬の広い所から外側に指を使って伸ばしていきます。
  • Tゾーンや瞼は薄めにのばします。
  • そして頬の高い部分に再度、BBクリームを重ねます。
  • 2度目は指の腹でたたくように、やさしくなじませていきます。この部分を明るくしっかりカバーすることで、光を顔の中心に集め、立体感と小顔効果を作ります。

気になる他の部分に重ねるときは、BBクリームをやさしくたたいてなじませていきます。顔の均一に塗るのではなく、色のメリハリをつけることでカバー力がありナチュラルでさりげないメークになるのです。

5色のカラーラインナップがあるDHC BBクリーム GEのなかで、よく売れているのは「ナチュラルオークル02」ですが、黄ぐすみが気になる人は「イエローオークル02」がオススメです。さらにカバーしたい人は、BBミネラルパウダーで気になる部分にブラシで重ねづけすると、よりカバー力が増します。

メークが決まると、おしゃれして出かけたくなる!

笑顔の女性

肌の美しさは品の良さや清潔さ、健康的な印象を与える

さりげなく素肌っぽい肌にしながら、気になるところは重ねづけすることでしっかりカバー。コンシーラのようにつけた感覚がないくらい自然に仕上がるのがうれしいです。

しかもオールインワンタイプで、時短しながらさりげなく頑張りすぎない肌を作ることができます。電車でお出かけ、ランチやお買い物も、肌がきれいだと自信がついて笑顔で輝ける。肌が美しいと、気品や清潔感、健康的な印象を与えられます。メークも面倒になっていて地元だけで用事を済ませていたけれど、電車に乗ってたまにはおしゃれをして出かけよう!と思える自分に出逢えるでしょう。

■期間限定! 7/7~10/5までお得なキャンペーンを実施中!
詳しくはホームページ、もしくは0120-333-906までお問い合わせください。


取材協力:DHC
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。