「空間認識力」に優れた子は、数学や科学分野で成功する!

積み木を上から見てみましょう

 積み木を真上から見ると、どんな形でしょう? では斜め上から見てみると?

「空間認識力」とは、目にするものを立体として捉える力のことで、知能テストなのでもよく出題されます。ある図形を脳内で回転させ、その状態を「三次元空間(3D)」としてイメージできる能力のことで、それに優れていると、二次元の地図から、三次元の地形を簡単に把握できるたりするので、日常生活でも道に迷いにくいなど、何かと便利な能力ですね。

加えて、「空間認識力」が、科学や数学スキルとの関係性が非常に高いとの研究結果が多くあります。頭の中で物や空間の形や関係性を視覚化するのが得意な子は、科学や数学の分野で成功する傾向にあるというのです!


空間認識力は、女子より男子の方が優れている!?

「でも、空間認識力って生まれつき決まった能力でしょ?」と思われるかもしれません。確かに生まれつきの個人差はあり、女子より男子の方が優れていると示す研究がいくつかあります。

例えば「方向音痴」なども、女性の方が男性より多い印象をもたれませんか? こうした「空間認識力」の性差は、「テストステロン」という女性より男性に多いホルモンによるためとされています。成人女性にテストステロンを服用させたところ、「空間認識力」が高まったという研究もあるほどです。


空間認識力は、親の働きかけによって劇的に改善する

それでも「空間認識能力」とは、トレーニングによって、劇的に改善することが分かっています。例えば、心理学者デービッド・ツリエル(David Tzuriel) 氏率いる研究チームによると、116人のイスラエルの小学1年生に、3Dのイメージを操るプログラムを用いてトレーニングしたところ、8週間後には男子と女子の能力差が消えてしまったといいます。(*1) 

また、心理学者ジン・フェング(Jing Feng )氏率いる研究チームによると、10時間、銃をうったりといった3Dアクションのビデオゲームをすることで、大学生の空間認識力が改善され、特に女性の方が改善度が高かったといいます。(*2) この研究によると、たった「10時間」で結果が出るというのですね。

生まれつきの差はあるものの、働きかけによって大いに改善することが分かっている「空間認識力」。それでは、子供の空間認識能力を高めるために、周りの大人に何ができるでしょうか?

>次のページでは、空間認識力を高めための6つのヒントを紹介します。