LINE Payカードはどこで申込むの?

LINE Payカードを有効化すると、カードデザインに切り替わる

LINE Payカードを有効化すると、カードデザインに切り替わる

LINEを起動し、LINE Payメニューをタップすると「LINE Payカードを申込む」リンクがありますので、そちらから申し込みすることができます。郵送で1週間から10日間かかります。

LINE Payカードが届くと、カード裏面にあるセキュリティコードとお客様番号を入力して、カードを有効化してください。有効化するまで利用することはできません。

LINE Payカードにチャージする方法は?

次に、LINE Payカードはプリペイドカードのため、チャージが必要です。チャージ方法は4つあり、銀行口座、Pay-easy、コンビニエンスストア、チャージ専用口座となります。

銀行口座からLINE Payカードにチャージ

銀行口座からLINE Payカードにチャージ

2016年4月22日時点での登録可能な銀行口座は三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、横浜銀行となっていますが、今後、滋賀銀行、伊予銀行、百五銀行、十六銀行などが追加予定となっています。

また、ジャパンネット銀行の専用口座が用意されていますので、その専用口座に振り込むことでもチャージが可能です。

筆者が三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行からチャージしてみましたが、数秒で残高に反映され、LINEで通知がきました。

LINE Payで支払ってみる

LINE Payカードで支払う

LINE Payカードで支払う

最後に、チャージしたLINE Payカードで支払ってみます。JCBのマークの付いたクレジットカードだと思って店員さんに渡します。店員さんによっては「何回払いですか?」と聞かれる場合もありますが「1回で」と答えておきましょう。場合によっては、サインを求められる可能性もあります。

決済が完了すると、LINEで通知がきます。不正利用などにも迅速に対応できますね。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。