子どもの異変に気づこう

女の子横顔

すべての子どもは性暴力被害にあう可能性があるという前提で、子どもの様子を観察することが、早期発見につながります

ふさぎ込んでいる。妙に機嫌が悪い。何かを話したそうにしている、あるいは、何も聞くなという抵抗を感じる。急に性的な話題を避けるようになった、逆に、性的な話をするようになった……。そんな異変を感じたとき、まず心配するのは、いじめなどの人間関係かもしれません。しかし、性暴力を受けた場合にも、子どもは混乱しており「どうしたの」と声をかけても、すぐに答えが返ってこないことが多いものです。

性暴力とは、膣や肛門にペニスや指や異物を挿入されることの他にも、性器や胸などを舐められたり、舐めさせられたり、無理矢理キスされたり、服を脱がされて触られたり、その写真やビデオをとられたり、服の上から触られたり、性器を見せられたりすることを指します。性的な接触や強要は、すべて性暴力です。

性的な被害は、幼いと、自分に起こったことが何なのかわからない上、それを説明する言葉を持ちません。年齢が上がると、被害を受けたことを恥ずかしいと思ったり、自分が汚れてしまったと感じたりします。話すと親がショックを受けると思い、言い出せない子も少なくありません。被害を受けたことを、親に「怒られる」と思っている子もいます。


子どもの性暴力被害者の特徴

性暴力は多くが「顔見知り」からの被害です。それまでの信頼関係を利用して加害に及びます。そのため「好きな人、尊敬している人に、とてもいやなことをされた」ということは、子どもに混乱を引き起こします。「まさかこの人が、こんなことをするなんて」と、ショックのあまり、なかなか現実を受け入れられません。

加害者との関係が壊れてしまうことをおそれて「なかったこと」にしようとしたり、自分が誰かに話すことで加害者が周りから責められたり、逆恨みされて更に酷いことが起こるのではないかと心配することもあります。「ふたりだけの秘密だよ」「誰かに言うと、君が恥ずかしい思いをするよ」と脅されたり、口止めされたりもしています。

見知らぬ人が加害者の場合、成人女性には「殺すぞ」などと脅し、恐怖で支配しようとする傾向にあるのに対し、子どもに対しては、まずフレンドリーに声をかけることが多いと言われています。不審な人には注意しましょうと親からも学校からも言われてきたのにと、自分を責める子どもも少なくありません。「あんなところに行かなければ」「ついていかなければ」「相手の言葉を信用しなければ」こんなことにはならなかったのにと、誰にも言い出せなかったりするのです。

子どもが性被害を受けたと知って動揺するのは、親として当然のことです。しかし、とっさに口にした言葉が、傷ついている子どもを更に傷つけてしまう(二次被害を与える)こともあります。

はじめて被害を打ち明けた時の相手の反応が、その後の回復を左右します。「悪気はなかった」では済まされない、今後の子どもとの関係を破壊してしまう「痛恨のミス」を犯さないために、基本的なことは頭に入れておきましょう。


>> 不適切な対応・してはいけないこと

>> 適切な対応・親がすべきこととは