オープン1年目限定!All About読者が選んだラーメン屋ランキング

自称“日本一ラーメンを食べた男” 大崎裕史監修による「All About読者が選ぶベストラーメン2016」として、たくさんの方から投票いただきました!ありがとうございます。各項目ごとに、3位に1点、2位に2点、1位に3点として集計して、All Aboutラーメンガイドである私がまとめ・総括して、結果を発表しております。

すでにAll About読者が選ぶ「この1年間に食べておいしかったお店ベスト10」を選出しましたが、続いて今回は「オープン1年目でおいしかったお店ベスト10」について発表していきます。

それではさっそく参りましょう!

10位:麺屋 169(北海道・札幌) 2015年7月10日オープン

All Aboutは札幌の読者も多いのでしょうか。集計時点では私もまだノーチェックだったので、すぐに札幌に飛んで食べてきました。無化調の淡麗系と煮干し系がウリのお店です。
10位:麺屋 169(北海道・札幌)

10位:麺屋 169(北海道・札幌)

「元々は和食の職人さんというだけあって、こだわり抜いた鶏と煮干使いのスープが素晴らしいお店だと思います。昨年末から今年の初めまで出されていた限定の『鴨と煮干しのそば』は、まさに和の職人が生み出した”骨頂”ともいうべき旨さでしたね!」(男性・40代・北海道)


9位:鯛塩そば 灯花(東京・曙橋) 2015年4月27日オープン

「塩つけ麺 灯花」のセカンドブランドが9位に入りました。スープに宇和島の鯛を使用。鯛めしや鯛茶漬けも人気で、多くの人がセットで注文をしています。
9位:鯛塩そば 灯花(東京・曙橋)

9位:鯛塩そば 灯花(東京・曙橋)

「鯛の旨味を凝縮した最高に上質なスープは麺とのバランスも絶妙! 締めの鯛茶漬けがまた絶品! 接客も素晴らしく、感動の旨さです!」(男性・40代・東京都)

「茶漬けセットにハマった。まろやかな鮮魚スープラーメンもおいしかった」(男性・30代・鹿児島県)

「もう和食と言っても過言では無い。ラーメン屋で鯛茶漬けとは斬新。ラーメンスープをかけて頂く鯛茶漬けが絶品です」(男性・50代・埼玉県)


8位:麺処 篠はら(東京・要町) 2015年10月28日オープン

人気店「ほん田」(東京・東十条)で修業した一番弟子が独立したお店。
8位:麺処 篠はら(東京・要町)

8位:麺処 篠はら(東京・要町)

「一杯一杯丁寧に創っているのが素晴らしい」(男性・40代・埼玉県)

「色々な素材を足しているのに、しっかりとまとまっていておいしい」(男性・40代・東京都)


7位:麺や 七彩(東京・八丁堀) 2015年7月7日オープン

東京ラーメンストリートで営業していた「麺や 七彩」が八丁堀でリニューアルオープン。新店として扱うかどうかは迷ったのですが、味やシステムを変えてのオープンですし、何より投票が多かったので新店とさせていただきました(何票か既存店としても票が入っていましたが、その分をこちらに加えてはおりません)。
7位:麺や 七彩(東京・八丁堀)

7位:麺や 七彩(東京・八丁堀)

「手打ち麺、煮干のスープ、ラーメンを食べて驚いたのは久々」(男性・40代・東京都)

「ラーメン業界の常識を打ち破った製作方法と味に度肝を抜かれました」(男性・40代・千葉県)

「注文後に目の前で小麦粉をこね出すところから始めるのが衝撃的。柔らかいもちもち食感の麺は堪らない」(男性・30代・東京都)


6位:麺屋 ねむ瑠(東京・本郷三丁目) 2015年9月16日オープン

個性的な「烏賊煮干」を使ってうまくまとめ上げたセンスが素晴らしい。「そのまま食べられる替え玉」は、単品メニューになってしまうほどの人気。
6位:麺屋 ねむ瑠(東京・本郷三丁目)

6位:麺屋 ねむ瑠(東京・本郷三丁目)

「唯一無二のクセになるスープ。そしてサイドメニューである『そのまま食べられる替え玉』がメインメニューを抜いてしまうのではないかと思えるおいしさ。これは通います」(男性・50代・埼玉県)

「いかのラーメン。最高です」(男性・50代・神奈川県)

「クセのない濃厚な烏賊煮干を提供」(男性・30代・埼玉県)


5位:らぁめん鴇(神奈川・藤沢) 2015年6月8日オープン

ミシュランのビブグルマンにも載った「麺や維新」で修業した店主が作り出すのは進化する淡麗系ラーメン。
5位:らぁめん鴇(神奈川・藤沢)

5位:らぁめん鴇(神奈川・藤沢)

「新店とは思えない安定度。おいしさはもちろん、清潔感、気遣いが素晴らしいです」(女性・50代・神奈川県)

「開店当初は『麺や維新』に近いらぁめんを出していましたが、もう完全に独自の味になっています。日々進化しているのも素晴らしい」(男性・40代・東京都)

「開店当初に訪問しましたが、オープンしたばかりとは思えない完成度」(男性・20代・東京都)

「昨年いただいた醤油ではダントツに美味しかった。とても新店とは思えないレベルの一杯。『麺や維新』出身とお聞きしてなるほどと思いました」(男性・50代・千葉県)


4位:柳麺 呉田-goden-(埼玉・北浦和) 2015年2月6日オープン

店主は閉店した名店「ちゃぶ屋」(東京・護国寺)出身。自家製麺が素晴らしい。
4位:柳麺 呉田-goden-(埼玉・北浦和)

4位:柳麺 呉田-goden-(埼玉・北浦和)

「喉越し滑らかな自家製麺が秀逸。スープは清湯スープながら、重厚な旨味があり、揚げネギもよいアクセントになっている」(男性・30代・埼玉県)

「水ギョウザなどのサイドメニューも充実しています」(男性・40代・埼玉県)


3位:煮干しつけ麺 宮元(東京・蒲田) 2015年4月27日オープン

開店してまもなく行列店になり、私はその長さにたじろぎ出直したほど。インパクトのある煮干しスープはすごい。
3位:煮干しつけ麺 宮元(東京・蒲田)

3位:煮干しつけ麺 宮元(東京・蒲田)

「またかよ、とは思わせないほどの完成度をもつ濃厚煮干し」(男性・40代・茨城県)

「大好きな『麺屋一燈』から独立した宮元氏のお店なので本当にオープンを楽しみにしていました。やはり濃厚でありながら飽きのこないバランスの良さ。襲いかかる煮干し」(男性・宮城県)

「一燈グループの煮干しマスターが独立し、オープン初日から凄まじい完成度の一杯を提供し続けている」(男性・30代・東京都)

「オープン当初よりも年末に行った時のほうが明らかにおいしくなっていて、進化が止まらないことに驚きでした」(男性・40代・東京都)


2位:麺尊 RAGE(東京・西荻窪) 2015年2月6日オープン

煮干しそばと軍鶏そばの二本柱。
2位:麺尊 RAGE(東京・西荻窪)

2位:麺尊 RAGE(東京・西荻窪)

「スープが新人らしからぬ完成度でびっくりした。行くたびに進化する味に期待をこめて」(男性・60代~・東京都)

「醤油の名店。醤油、煮干し、つけ麺、油そば、その時々の限定、何を食べても旨い」(男性・30代・東京都)

「軍鶏はこちらがダントツのおいしさ」(女性・40代・神奈川県)


1位:自家製中華そば としおか(東京・早稲田) 2015年5月18日オープン

閉店してしまった人気店「べんてん」のDNAを受け継ぎオープン。すぐに行列が出来る人気店になりました。

1位:自家製中華そば としおか(東京・早稲田)

1位:自家製中華そば としおか(東京・早稲田)

「べんてん出身のお店はいくつかあるけど、味をしっかり守っているのはここかな」(男性・40代・東京都)

「べんてんの味を復活してくれたことにただただ大感謝です。気合を入れて並ばないといけないことが唯一きついところですが」(男性・50代・埼玉県)

「べんてんの味を引き継ぎかつスープの無化調化と進化させてるのが凄い」(男性・30代・東京都)

「べんてんイズムを継承した、自分の好きなつけ麺です」(男性・30代・埼玉県)


関東圏強し! 有名店からの独立組は早くもファンが定着!!

以上が、All About読者が選ぶ「開店1年目のおいしいラーメン屋BEST10」でした。いかがでしたでしょうか?

個人的には札幌の新店がランクインしてきたのには驚きました。今回のランクインでこの店だけ未食だったので悔しくて(笑)、早速食べてきました。それ以外は話題になった新店ですが、みなさんよく食べてるな~というのが率直な感想。昨年の9月~10月にオープンした店が早速ランクインしているのにはビックリしましたね。

また、1位~3位の上位の店には猛烈なファンが付いているんだな、と熱いコメントを読んでますます納得。まだ新しい店なのにこれだけのファンを捕まえているのはさすがです。未食の方はそんな想いを受け止めに食べに行ってみてください。

このなかから、来年の既存店ベスト10に入る店が出てくるのか?人気を持続できる店はあるのか?そんなことも楽しみになってきました。

<All About読者が選ぶベストラーメン2016>
この1年間に食べておいしかったお店ベスト10

この1年間のラーメン事件簿ベスト10
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。