国際的観光地バルセロナの冬を温めるごちそう

太陽の国スペインも、カナリアス諸島やバレアレス諸島などを除き、冬は日本並みに冷え込みます。それでも、ガウディの建築やFCバルセロナなどで有名なスペイン随一の観光都市バルセロナは、スペインの中でも暖かく、雪もほとんど降りませんが、寒い時期には寒い時期ならではのグルメを食べて体を温めています。

季節・地域限定の絶品グルメ

カルソッツ

アツアツのカルソッツ

国際的な観光都市バルセロナを州都とするカタルーニャ州(スペイン北東部)では、冬が始まると、地元の人たちが楽しみにしている絶品グルメがあります。

calçots(カルッツ、カタルーニャ語なので、スペイン語にはない文字çを使用)という名前の長ネギで、そのまま炭焼きにした料理のこともcalçotsと呼んでいます。冬の寒い時期に旬を迎え、例年3月から4月に祝われる聖週間(イースター)まで食べることができます。だいたい11月頃にレストランで提供され始めますが、レストランによっては12月に入るまで出さないところもあり、市場に並ぶのも、本格的に寒い冬が到来してからです。

この寒い時期にのみ収穫できるcalçots(カルソッツ)は、日本の長ネギよりも短くて太めで、甘みが強いのが特徴です。カタルーニャ名物グルメのcalçotsは、この長ネギ”calçots”をまるごと炭焼きにして、中心の白い部分だけを取り出し、ナッツやトマトのたっぷり入ったソースsalsa romesco(ルサ ロスコ)につけて食べます。なぜこのような調理法が広まったかについては諸説ありますが、有力なのは、間違って黒こげにしてしまった長ネギを捨てずに剥いてみたら、以外とおいしかったという単純な理由のようです。

ビタミン、ミネラルが豊富で利尿作用があり、内臓をきれいにしてくれるといわれているため、寒い時期の風邪予防にはぴったりと言えるでしょう。

ガイドはこの料理が大好物で、日本からのお客様を冬にお迎えするときには、必ずカルソッツを食べに連れて行きました。最初は、「所詮はネギでしょ」と乗り気ではない人でも、必ずそのおいしさと、後述する楽しい食べ方に驚いて喜んでくれました。