スペイン語でありがとうを伝えよう

rosas

「ありがとう」の気持ちを伝えよう

スペイン語を全く理解しない人でも、Gracias(グラシアス)は耳にしたことがある人が多いと思います。スペイン語には、他にもいろいろ「ありがとう」の伝え方があり、微妙なニュアンスで使い分けされています。そして、スペインと日本では、「ありがとう」を使う頻度も異なります。こんなところにも、文化の違いが出るんですね。

一番の基本Gracias

一番単純な感謝の伝え方はGraciasです。日本語の「ありがとう」に当たります。
日本語では、知らない人に対しても「ありがとう」や「すみません」をよく使い、人間関係をスムーズなものにし、対立を避けたりしますが、スペインでは、本当に感謝の気持ちを伝えたいときや悪いと思ったときにしか使わないようです。ガイドは、日本語の癖でGraciasを言い過ぎ、スペインの人たちからよくこんな風に言われます。

No me des tantas gracias. Yo lo hago de corazón, no para que me lo agradezcas.
   タンタス グシアス。 ジョ ロ ゴ デ コラン、 パラ ケ メ ロ アグラスカス
私にそんなに「ありがとう」って言わないで。心からやってることであって、「ありがとう」って言われたいわけじゃないから。

それでも、ショップの店員やカフェやバルのウェイターには、ちゃんとGraciasを伝えることがマナーに適っています。

¿Puedes traerme una cerveza, por favor?
デス トラルメ ウナ セルサ ポル ファル?
ビールを1杯お願いします。

(ビールを出されたら)
Gracias.
シアス
ありがとう。

(お店を見て、出るときに)
Gracias.
シアス
ありがとう。

(店員の答え)
De nada.
デ 
どういたしまして。
cliente no es el dios

お客様は神様ではありません


「どういたしまして」は De nada (デ ダ)や、No hay de qué (ノ アイ デ )と言います。上のシーンで、お店の人が「ありがとうございます」と返す代わりに、「どういたしまして」と答えることに気づかれましたか。日本人からしてみれば少し違和感があると思いますが、スペインでは「お客様は神様」ではありません。お店は、店員のテリトリーという意識があるからでしょうか、客と同等の立場で受け答えをします。