カルソッツ(calçots)の食べ方

食べかた

大きな口を開けていただきます

炭火で焼いたカルソッツは、U字型の素焼きの瓦に大盛に乗せられて運ばれてきます。服や手に炭がつかないように、手袋やエプロンをつけて、真っ黒に焦げた外側を向くと、中から真っ白なネギの中心部が現れます。それをナッツの入ったソース、サルサ・ロメスク(salsa romesco)に浸して、ソースが垂れないよう大口をあけて口に入れます。たかがネギとあなどってはいけません、口の中でとろける甘さにきっと虜になるはずです。

地元の人はレストランでカルソッツを食べない

日本からのお客様を連れて行こうとして、カタルーニャ出身の同僚や友人にお勧めのレストランを聞いても、はっきりした返事が帰ってこないことがしばしば。これは、地元の人は、市場や農家から直接カルソッツを仕入れて、郊外の別荘や友人、親戚の家に集まり、自分たちで炭火をおこしてお肉やカルソッツをバーベキュー(BBQ)して食べているためです。ソースのサルサ・ロメスクを手作りする人もいますが、このソースはスーパーでも手に入ります。

地元の人にとって、北風に吹かれながら火をおこして、アツアツのバーベキューを楽しみながら赤ワインを飲む、というのが冬の楽しいイベントになっているようです。

レストランでのカルソッツの注文の仕方

地元に知り合いがいない旅行者でも、心配はいりません。バルセロナ市内のレストランでもカルソッツを食べることができます。ただ、炭火で焼ける窯が必要なので、市内でも、中心部ではなく近隣市との境など、少し奥まったところにあるレストランが狙い目です。インターネットでカルソッツを提供するレストランを事前に調べて、予約をしていくと安心でしょう。

Quisiera hacer una reserva, ¿ya se puede comer calçots?
キシラ アル ウナ レルバ。 ジ セ プデ コル カルッツ?
予約をお願いします。もうカルソッツは食べられますか。

レストランでは、calçotada(カルソダ)と呼ばれるカルソッツのコース料理が頼みやすいでしょう。

前菜がカルソッツ、メインがbistec(ビスク、ステーキ)やbutifarra(ブティフラ、カタルーニャ地方のソーセージ)の炭焼きの盛り合わせ、alubias blancas(アビアス ブンカス、白インゲン豆)の付け合せ、デザートにはcrema catalana(クマ カタナ、カスタードクリームの表面を砂糖でコーティングしたもの)がつくコースが一般的です。

Voy a pedir un menú calçotada.
イ ア ペデル ウン メヌ カルソ
calçotadaコースをお願いします。

スペインのグルメは、パエリアや生ハムだけではありません。冬のバルセロナで、カタルーニャ地方地方限定、季節限定の絶品料理をぜひご賞味ください。

【関連記事】
旅行で大活躍!レストランでのスペイン語
トルティージャを作って学ぶ!料理のスペイン語
スペインの夜はフィエスタで楽しもう