貯蓄は「目的別」に3つに分けるのが正解!

「お金が貯まらない」と悩んでいる人は、お金を貯める“場所”で失敗していることがよくあります。特に多いのが、給与振込口座にそのまま貯めているケース。

がんばって貯めてきたのにある日ふと、残高が多いような気がして気持ちが大きくなり、衝動的に使ってしまうのです。貯蓄が減って「自分は貯蓄が上手ではない……」と感じてしまう原因です。

そこで今回は、貯蓄がニガテな人に向けて、簡単な方法を伝授。目的別に「赤」「青」「黄色」と、信号のように3つの色で分けるとわかりやすくなります。順を追って紹介していきましょう。
 

「赤」は、絶対に手を付けてはいけない貯蓄

「赤」の貯蓄は、近い将来に使う目的が決まっているお金のことです。例えば、「子どもの教育費」として積み立てているお金を使いこんでしまったら、将来子どもが進路変更をしなくてはなりません。それはかわいそう……。教育費として貯めているお金は、絶対に手を付けてはいけないですよね。

他にも、「車を買いたい」「来年海外旅行に行きたい」「○年後の住宅購入に向けて、頭金を貯めたい」などと、具体的に予定が決まっているものも同じ。

これらは信号の「赤」がストップを表すのと同じイメージで、今使うのはストップ! 信号が青に変わって使うことになる時期が必ずきますから、「今は絶対に使わずに、貯めていくお金」だと意識しましょう。

「赤」のお金は、給与振込口座とは別の口座に分け、しっかり区別すること。給与天引きとして確実に貯められる財形貯蓄や社内預金も便利ですし、勤務先に制度がなければ、定期預金や他の銀行の口座を選んでみましょう。

「これは赤のお金だから、絶対におろさないで貯めていく!」と、自分に決意表明をしましょう。
 

「青」は、使ってもいいお金

「青」のお金は、使ってもいいお金のこと。信号の「青」が進んでOKというのと同じで、「使ってOK」という生活費のことです。

ただし、振り込まれた給与をすべて「青」の口座に入れたままだと、全部使い切ってしまいがち。これでは貯まりません。

振り込まれた給与のうち、まず貯める分を「赤」の口座へ移すことが重要です。財形貯蓄など、自動的に貯める仕組みがあれば、この手間はなくなります。貯蓄分を移した後で、「青」のお金を堂々と使いましょう。
 

「黄色」は、臨機応変に対応するお金

最後に「黄色」のお金とは、臨機応変に対応するお金のことです。信号で、「赤」と「青」の間に「黄色」があることをイメージしてみてください。つまり「貯めておくけれど、いざというときには使ってもいいお金」だと考えましょう。

例えば、急に冠婚葬祭などで遠くに行くことになった、家電や車が故障して、修理代や買い買える費用が必要になったなどという緊急事態に、ある程度まとまったお金が「黄色」に準備されていれば、安心して使えます。

また、投資を始めてみたいと思ったときも、この「黄色」の中の、余裕資金の一部から使うのがよいでしょう。

「黄色」のお金を用意しておくことで、普段とはちょっと違う出費があっても、大切な貯蓄である「赤」の貯蓄も守られ、日々をきちんと過ごすための生活費である「青」のお金も守られるというわけです。

以上、貯蓄初心者さんに向けて、お金を「赤」「青」「黄色」の3つに分けて、目的別にお金を区別する方法をお伝えしました。貯蓄中級者さん以上の方は、「赤」「青」などと、わざわざ色に置き替えて考えずに、自然にされていることかもしれません。

貯蓄初心者さんで、貯蓄も生活費も同じ口座だという人は、目的別に区別するためにまずは、口座を準備するところから始めてみてくださいね!

【関連記事をチェック!】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。