LINEの公式アカウントを活用しよう

ただのメッセージアプリとしてLINEを使っているともったいないというのが、LINEヘビーユーザーの意見です。実はLINEにはメッセージを送信する以外にも色々な活用法があるのです。その一つがLINEが提供する公式アカウント。一般的な企業が提供する公式アカウントとは異なり、メッセージ機能を活用して色々な機能を利用できるのです。

便利機能を使うためには、アプリの「・・・」から「公式アカウント」を開き、「CATEGORY」から「便利・ニュース」を開いてみてください。そこには一般の公式アカウントとは 異なるLINE自体が提供するサービスアカウントが並んでいます。これを友だち登録すると様々な便利機能を利用できるようになります。
「公式アカウント」の「CATEGRY」から「便利・ニュース」を選択する。

「公式アカウント」の「CATEGRY」から「便利・ニュース」を選択する。


英語、中国語、韓国語の翻訳や同時通訳ができる翻訳アカウント

「LINE中国語通訳」「LINE英語通訳」「LINE韓国語通訳」を友だち登録しておけば、翻訳アプリ代わりにLINEを使えるようになります。使い方は簡単。翻訳アカウントとのトーク画面で日本語の文章をメッセージで送信すれば、即座に翻訳した文章が返信されるのです。

それだけではありません。「通訳」という名前が付いているのには理由があります。もし英語があまり得意でなくても、米国人の友だちとメッセージのやり取りをしたいときは、その友だちとのトーク画面で「LINE英語通訳」アカウントを「招 待」しましょう。「LINE英語通訳」は日本語のメッセージを英語に、英語のメッセージを日本語に自動で翻訳してくれます。これであなたが日本語で送っ たメッセージは随時英語に、英語で相手から送られてくるメッセージは日本語で読めるようになるのです。同様に中国人や韓国人とのやりとりも、「LINE中国語通訳」「LINE韓国語通訳」を友だち登録してトークに招待すれば、同時通訳としてアカウントが活躍してくれます。

もちろん友だちだけでなく、ビジネスのやり取りもLINEを使って通訳アカウントを利用すれば、コミュニケーションもよりはかどるようになるでしょう。ただし入力の際には口語調ではなく、文語体で正しい文法を使うのが、より正確に翻訳するコツとなります。
登録したアカウントをトークに招待すればお互いのメッセージが自動翻訳される

登録したアカウントを友だちとのトークに招待すればお互いのメッセージが自動翻訳される






※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。