「肥満」とは

肥満,健康,ヘルスケア,食生活,栄養,過剰,肥満症,肥満,エネルギー,生活習慣病,血糖値,コレステロール,脂質異常,

肥満は、脂肪が蓄積し体重が増加した状態。

脂肪組織に多くの中性脂肪が溜まって、体重が増加した状態が「肥満」ですが、「肥満」は単なる身体現象であり病気とは言えません。見た目は肥満でも、血圧や血糖値などになんら問題のない人もまれにいます。

標準体重を求める計算方法はいくつも検討されてきましたが、現在信頼できる判定基準として世界的に利用されているのが、身長あたりの体格指数BMI(body mass index)という計算で判定する方法です。

BMIは、体重(kg)を身長(m)で2回割った数値です。BMIが18.5未満は低体重で、正常体重は18.5と24.9の間、22にあたる体重が標準体重とされ、「肥満」は25以上です。

「肥満症」とは

では「肥満症」とはなんでしょう。
一言で言えば「病的な肥満」です。肥満に加えて、肥満によって悪影響がおきている糖尿病(糖尿病予備群を含む)、高脂血症、高血圧や高尿酸血症(痛風)、脂肪肝、関節症などの病気である、また肥満のタイプが内臓脂肪型肥満である場合には、「肥満症」と判断されます。医学的な病気として捉えられ、治療や減量が必要です。

肥満の人の多くは、肥満症という病気である可能性が高いといえるでしょう。

肥満症とメタボリックシンドロームの違い

肥満症の診断基準は、以下のとおりです。

BMI25以上
肥満に合併しやすい病気が合併しているかどうか、
内臓肥満(腹部CTで内臓脂肪面積100平方cm以上)が確認できるか

メタボリックシンドロームでは、血糖値や血圧値、コレステロール値、中性脂肪がチェックされ、また肥満症の診断と同様に腹囲径が重要な判定基準(男性では85cm以上、女性では90cm以上)となっています。これはメタボリックシンドロームによる動脈硬化の進行を抑えるため、内臓脂肪型肥満に焦点をあてているからです。

一方肥満症は、肥満に伴って生じる病気の治療の対象になり、内臓脂肪の蓄積によって起こる糖尿病や高脂血症、高血圧、動脈硬化による心臓病・脳卒中、高尿酸血症、脂肪肝、女性の月経異常に加えて、皮下脂肪の蓄積で起こる関節症、腰痛症などの整形外科的疾患と、睡眠時無呼吸症候群にも大きな影響を及ぼしています。