前のページでは、ダイニングテーブルを選ぶ時に抑えておきたい大きさと高さについてご紹介しました。ここからは、長方形以外の使いやすいダイニングテーブルのカタチについてご紹介します。

Q5.長方形以外でおすすめのカタチは?

おすすめの形としては「円形」「正方形」「変形」があります。「楕円形」も、北欧のビンテージ家具やエクステンションテーブル(伸張式テーブル)等で人気はあります。形の特性は円形や長方形と同じ特徴がありつつも、個人的には機能面で疑問が残るところもあり好みの問題として今回は取り上げておりません。

  • 円形のテーブル
円形はカタチの特性から、どこに座っても顔を合わせあうことになります。テーブルを囲んでいる実感が高く、インテリアにカジュアルに馴染み、立席の場合はどこからでもアプローチできることから、小さな空間ながらも友人を招きたい人に特におすすめです。気をつけるポイントとしては、脚の配置で、座れる人数が自ずと決まること。また、周囲にある程度のスペースが必要になってくるという面もあります。


円形のカジュアルさと、無垢材の素材感を活かした天板が美しいTAIYO no SHITAの「YT2/yamanami」テーブル。二人で使うにはすこし大きめの直径950mmと、若干低めの700mmの高さが使いやすいデザインとなっています。
www.taiyonoshita

天板のリズミカルな無垢の表情と、小口をやわらかなカーブを描くように面取りすることで軽やかに見せるデザイン/Photo by Yosuke Owashi


http://taiyounoshita.jp/furniture/category/table/yt2-yamanami.html

価格: ¥121,000(税抜)/サイズ:Φ950 H700/材質:オーク無垢材/ウレタンクリア塗装/Photo by Yosuke Owashi




・正方形のテーブル
コンパクトな空間でも使い勝手の良い正方形。二人暮らしのイメージもありますが、実は子どもが小さなうちはL字に座るとお世話しやすいカタチでもあります。自宅にあまり来客のないライフスタイルの方におすすめです。

木製でありつつも、シャープで静かな印象のTIME & STYLE(タイム アンド スタイル)の「OPUS(オーパス)」。1100×1100mmは4人家族にも丁度いいサイズ感です。

www.timeandstyle.com

天板の小口を深く削り出した効果で薄く見え、シャープな印象に



www.timeandstyle.com

価格:¥265,000 (税抜)/ サイズ:W1100×D1100×H720/材質:オーク無垢材/仕上げ:ビーズワックス仕上げ



・変形のテーブル
卵の形を少しつぶしたようなACTUS(アクタス)の「KLAUM DINING TABLE(クラウム ダイニング テーブル)」は、実はさまざまな間取りに対応できるカタチです。円形よりも求心的でなく、より自由に対面し「会話が弾む」仕掛けになっています。
www.actus.co.jp

馴染みのない変形テーブルですが、空間を軽やかな親しみやすい雰囲気にする効果があります


www.actus.co.jp

価格:¥238,000(税抜)/サイズ:W1600 x D923 x H700(mm)/材質:オーク材/仕上げ:ウレタンクリア塗装


いかがでしたか?ご購入の予定の有る無しに関わらず、様々なショールームで是非ダイニングセットに座ってみるのも「送りたいライフスタイル像」が見えてきて興味深いものがあります。しっくりくるアイテムがあった場合は、サイズやカタチのポイントを気にかけてみて下さい。ご自宅の手持ちのアイテムにクッションを足して差尺を短くしてみたり、足台等を置いて子どもの勉強の集中力を高めたり等様々な工夫ができます。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。