スペインのホテル事情

皆さんはホテルをどうやって選びますか。中心部や地下鉄の駅、空港からの距離、治安、価格、サービス、施設など、優先度は人によって違うと思います。観光大国スペインでは、最高級のホテルから相部屋のユースホステルまで、旅行者の様々なニーズに合わせたオプションが揃っています。今回は、宿泊で使えるスペイン語のフレーズとスペインのホテル事情をご紹介します。
  

星の数でわかるホテルのいろいろ

高級ホテル

高級ホテルにも一度は泊まってみたいもの

スペインでは、ホテルはestrellas(エストジャス、星)でランク付けされ、最高の5つ星から1つ星まで、予算とニーズに合わせて好みで選択することができます。

¿Qué hotel reservamos?
 オル レセルモス?
ホテルはどこを予約しようか。

一般的に、最高クラスの5つ星のホテルでは、piscina(ピナ、プール)、spa(
エス、スパ)、gimnasio (ヒムシオ、ジム)などの施設が揃っており、レストランやsala de reuniones (ラ デ レウニネス、会議室)、sala de banquetes(ラ デ バンテス、結婚式場)なども備わっています。観光で行くには、少し敷居が高いですし、街歩きを楽しむ人はホテルで過ごす時間が少ないもの。スペイン観光に慣れているリピーターでもない限り、観光で5つ星のホテルに泊まる必要はないでしょう。

観光も滞在も楽しみたい人は4つ星ホテルがおすすめ

4つ星ホテルも、5つ星には及びませんが、快適な施設と心地よいサービスを提供してくれる施設となっています。ハイシーズンを除けば、日本の物価と比較してそれほど高くなく泊まることができ、市街観光を楽しみたいけれど、ホテルの滞在も快適にと言う人にはお勧めです。5つ星、4つ星のホテルでは、荷物を運んでもらったり、部屋まで案内してもらうこともあると思います。そのようなときには、1、2ユーロのチップを渡すといいでしょう。

3つ星と2つ星のホテルの違いはあまり明確ではありません。3つ星以下は、hotel(オル)と名がついていても、これからご紹介するhostal(オスル)と変わらないところも多いです。特に、ホテルでは最低ランクの1つ星ホテルと、hostalでは最高ランクの3つ星(hostalは3段階評価)hostalだったら、hostalに泊まった方がコスパが良いかもしれません。

 

Hostalとalbergue

次にご紹介するのが、hostalです。日本でいう民宿のように小規模で、家族経営のところが多いようです。民宿と違うところは、通常、レストランやカフェなどはついておらず、素泊まりとなるところです。バックパッカーや、若い人に人気の比較的廉価な施設です。

ホテルとの一番の違いは、ホテルが知らない人との相部屋はなく、トイレ・バス(シャワー)が部屋内に完備されているのに比べて、hostalでは、知らない旅行者との相部屋や、トイレ・バス(シャワー)が共用の場合もあることです。また、hostalは、pensión(ペンシン)とも呼ばれます。

Albergue(アルルゲ)は、いわゆるユースホステルで、相部屋の宿泊施設です。旅先で、外国の旅行者との交流を深めたり、スペインに関する情報交換をしたいときには、相部屋のhostalやalbergueがお勧めです。

Vamos a quedarnos en un albergue, porque quiero conocer a la gente de otros países.
モス ア ケルノス エン ウン アルルゲ ポルケ キロ コノル ア ラ ンテ デ トロス パセス
ユースホステルに泊まろう、他の国の人たちと知り合いたいから。