最近流行しているいる超小型水槽を使用しての水草レイアウト。今回は、そんなミニチュア水槽を使用した、アクアリウムの作り方をご紹介します。近年、小型水槽用に様々な機材が開発され、レベルの高い水草の育成はもちろん、インテリア的にも優れた製品が多く見受けられます。総水量が10L程の水槽に使用できる、照明、フィルター、保温器具など、従来の製品にはない多くのアイテムを、熱帯魚専門店で目にする事が出来ます。

スターレンジ 今回使用するのは、17×17×17cmのキューブ型水槽。10Lにも満たない超小型水槽を使用しての、水草レイアウト水槽の製作から完成までを追っていきます。


■ミニチュア水槽のメリット・デメリットについて。

最もメリットとして挙げられるのが、そのサイズ故、設置スペースを取られない事。堅牢で、水平の取れたボードの上やデスクの片隅など、僅かばかりのスペースさえ有れば置けてしまうのが最大のメリット。また、水草や器具などの初期投資に比較的お金がかからない、セット、リセットが容易に行えるなどもメリットとして挙げられるでしょう。

なんだか良い事ばかりのようなミニチュア水槽ですが、難点として総水量が少ない故に水質を安定させることが初心者には難しい、といったデメリットもあります。それらの長短を理解したうえで、制作に取り掛かっていきましょう。


水草には、水質を落ち着かせる効果も!?

■INDEX
・水草レイアウトは、見た目に綺麗なだけではない!!
・水草育成に必要なアイテム
・ミニチュアレイアウトの制作