フローリングの張り方1

部屋に対してどの方向でフローリングを張ったら良いのか?

大体は長手方向に合わせて張るのが常識ですが、ここは検証してみます。

まだ(フローリングを)留める前だから長手方向へ、短手方向へフローリングを並べてみます。

長手方向へ合わせて並べた画像undefined

長手方向へ合わせて並べた ●クリックすると拡大します。
 

短手方向へ合わせて並べた画像undefined

短手方向へ合わせて並べた ●クリックすると拡大します。


やはり、長手方向に合わせて張っていった方がきれいですね。

張り手方向が決まったので、次にフローリングの位置決めをする為に壁にずらりと並べます。

壁に立てかけたフローリング画像undefined

壁に立てかけたフローリング ●クリックすると拡大します。


部屋の入口からフローリングを並べていきます。なるべくフローリングを有効に使いたいので、左右の壁に当てながら1枚1枚・・・木目の向きや木の色味のバランスをとりながら並べていきます。

バランスをとりながらならべるフローリング1画像undefined

バランスをとりながらならべるフローリング1 ●クリックすると拡大します。



長さの調整が必要なフローリングも合わせて並べます。

バランスをとりながらならべるフローリング2画像undefined

バランスをとりながらならべるフローリング2 ●クリックすると拡大します。


長さ調整が必要なフローリングをカットします。すべて、壁から3~5mm程隙間を空ける長さにします。結構枚数があるので手間がかかります。

カットして長さを調整するフローリング画像undefined

カットして長さを調整するフローリング ●クリックすると拡大します。


長さ調整したフローリングをあらためて並べてみます。

調整し並べ直したフローリング1画像undefined

調整し並べ直したフローリング1 ●クリックすると拡大します。



調整し並べ直したフローリング2画像undefined●クリックすると拡大します。

調整し並べ直したフローリング2画像 ●クリックすると拡大します。


続いては、フローリングを敷き詰めていきます。

次のページ >> フローリングの張り方2