今回は旅先のフィンランド・ヘルシンキで見つけた、素敵なインテリアのカフェや、ビンテージショップ、博物館、ホテル等のスポットをご紹介する第1回目。色々見て廻った中から、本当は教えたくない厳選スポット・5カ所をご紹介します。
www.yokodobashi.com

古典的建物と近代建築が調和を保っているヘルシンキの街並。写真はエスプラナーディー公園から見た5つ星ホテル・カンプ


実はフィンランドは、日本から直行便で9時間で着く「一番近いヨーロッパ。フィンランド語が話せなくても、簡単な英語でインテリアクルーズやデザインハンティングを楽しめます。
www.yokodobashi.com

フィンランド航空の機内ブランケット・紙コップは、北欧ブランドの「マリメッコ」

スポットの前に、フィンランドのデザインやアイテムの特徴をご紹介します。

フィンランドのデザインブランドが発展した背景

北欧スタイルのインテリアブームや、映画「かもめ食堂」等で、一般的に知られるようになった北欧デザイン。なかでもフィンランドのデザインブランドには、機能性は勿論のこと、すこしユーモラスなフォルムやモチーフのアイテムが多いのも特徴です。
www.yokodobashi.com

マリメッコの有名な花柄「ウニッコ」を印象的に垂らした階段室のマリメッコ本社。写真右側の写真食堂は、日本人が行列を作ってました。

その背景には、冬が長く日照時間の短い気候や、ヴァイキング時代の頑丈な船作りから続くモノ作りの精神、長い時間を過ごす家での毎日の暮らしを豊かにしたいという人々の願い、豊かな湖と森が身近にある自然環境があります。
www.yokodobashi.com

森と湖は身近な存在。デザインに有機的なモチーフや素材が多いのもうなづけます

また、デザインミュージアムや、デザイン・ディストリクト(後述)等、デザインに対して、国民がきちんと価値を認め、日常的にフィンランドブランドを使っていることが、豊かなデザインを発展させる土壌を育てているように感じました。
www.yokodobashi.com

ヘルシンキのエスプラナーディー通りに面して、フィンランドデザインのブランドショップが建ち並びます

www.yokodobashi.com

高級ブランドと一緒に、マリメッコ・イッタラ・アルテック・アーリッカ等のフィンランドデザインブランドの立ち並ぶエスプラナーディー通り。その横のエスプラナーディー公園では、短い夏を楽しむ為に多くの人が日光浴をしていました。


Design District(デザイン・ディストリクト)とは?

デザイン・ディストリクトとは2005年に地元の人々が率先して始めたもので、クリエイティブなお店を同じエリアに集結させることで地域活性化を測ったものです。小さな工房から、博物館、ファッションブランド等200を超えるスポットが登録されています。ルートマップは、ツーリスト・インフォメーション・センター(住所: Pohjoisesplanadi 19)などで入手可能です。デザイン ウォーク ツアーもあります(英語での案内=20ユーロ/人)。*リンク先はフィンランド語と英語のサイトです
www.yokodobashi.com

「デザイン・ディストリクト・ヘルシンキ」のステッカーは、気鋭のクリエイティブなお店の目印
 

次のページでは、デザイン・ディストリクトの楽しみ方と2つのスポットをご紹介します。