秋の富山の絶景サイクリングロードをめぐる旅

富山県には3,000m級の立山連峰や「世界で最も美しい湾クラブ」に加盟する富山湾など、美しい自然があります。その大自然をこの秋、自転車で体験してみてはいかがですか? 

今回は国土交通省道路局が定める大規模自転車道路『しんきろう自転車道』と、その周辺から眺められる絶景を紹介したいと思います。富山に来て自転車を借りたら、秋の美しい景観を満喫しにこぎ出してくださいね。名前の通り、蜃気楼(しんきろう)も見られるかもしれませんよ。

大規模自転車道路ってなに?

解説画像

富山湾沿いに続く専用道を自転車で行く

そもそも大規模自転車道路とは何でしょうか? 簡単に説明すると、自然公園や名勝、観光施設などを結ぶ全国各地の自転車専用の道路。

全国的に未完の自転車道路も多く、富山県内を走る『しんきろう自転車道』も専用道路が途切れ途切れになっている不便さはあります。しかし、未完成のおかげで寄り道もできますので、かえって旅行者には楽しいかもしれません。

全国各地にある大規模自転車道路の中でも、一般県道富山朝日自転車道線『しんきろう自転車動』は、立山連峰や富山湾を間近で感じられる絶景コース。今回は未完区間を含めた、朝日町と富山市を結ぶ全長62.5kmの道のりを紹介します。

レンタサイクルで一区間を走ったり、本格的な自転車で走破したりと楽しみ方はいろいろです。以下に自転車道で見られる絶景スポットをまとめますので、ぜひとも参考にしてみてくださいね。