プロポーズシーンに必要不可欠な婚約指輪。一生に一度の大きな贈り物なので本当に満足できるものを選びたいですよね。ブライダルジュエリー専門店では同じダイヤのシンプルなリングでも数多くのデザインバリエーションがあり、男性一人でもカップルでもどう選んだらいいのか途方に暮れてしまうケースもあると聞きます。

今回は婚約指輪の代表的なデザインをご紹介しながら、理想のひとつにたどり着くための秘訣をご紹介します。

知っておきたい!リングデザインの基礎知識

ダイヤモンドリングのデザインは以下にあげる主に3つの要素で構成されていると考えていいでしょう。

■1.ダイヤの配置
ソリティア、メレ、パヴェの3種類に大きく分けられます。ソリティアは婚約指輪のなかでも最も定番的なデザインで、爪の留め方でさらにダイヤの美しさが引き立ちます。メレダイヤといわれる0.1カラット以下の小さな石をメインの石に配したタイプもソリティアと同様にシンプルさが人気となっており、ちょっとした個性を楽しめます。ダイヤを敷き詰めたキラキラと華やかな魅力があるパヴェも根強い人気があります。
写真:左からソリティア、メレ、パヴェのデザイン例。左/Diamond lily(ダイヤモンド リリー)、中/Diamond lily(ダイヤモンド リリー)メレ、右/Bouquet(ブーケ)/すべてGINZA DIAMOND SHIRAISHI

写真:左からソリティア、メレ、パヴェのデザイン例。左/Diamond lily(ダイヤモンド リリー)、中/Diamond lily(ダイヤモンド リリー)メレ、右/Bouquet(ブーケ)/すべてGINZA DIAMOND SHIRAISHI *クリックすると拡大します


■2.アームデザイン
ストレート、ウェーブ、Vラインが代表的なアームデザイン。ストレートは一番スタンダードでシンプルですが、ゆるぎない存在感があります。ウェーブは薬指のカーブに沿うので指が長く見えるうえ、肌へのあたりが柔らかいのでつけやすいと人気上昇中。Vラインは指をほっそり見せる効果があり、個性を演出するのに一役買ってくれます。
左からストレート、ウェーブ、Vラインのデザイン例。左/Prism(プリズム)、中/A Piece of Love(ア ピース オブ ラブ)、右/Angel ladder(エンジェル ラダー)/すべてGINZA DIAMOND SHIRAISHI

左からストレート、ウェーブ、Vラインのデザイン例。左/Prism(プリズム)、中/A Piece of Love(ア ピース オブ ラブ)、右/Angel ladder(エンジェル ラダー)/すべてGINZA DIAMOND SHIRAISHI *クリックすると拡大します


■3.アームの素材
プラチナの他にイエローゴールド、ホワイトゴールド、ピンクゴールドなどが用いられますが、日本の婚約・結婚指輪の約8割がプラチナと言われています。いつまでも色あせない耐久性や希少性からみても最もおすすめの素材ではありますが、肌の色や好みで最も似合うものをチョイスしましょう。
上からイエローゴールド、プラチナ、ピンクゴールド。同じデザインでも素材で個性が違う。すべてSaint glare(セントグレア)/ GINZA DIAMOND SHIRAISHI

上からイエローゴールド、プラチナ、ピンクゴールド。同じデザインでも素材で個性が違う。すべてSaint glare(セントグレア)/ GINZA DIAMOND SHIRAISHI *クリックすると拡大します


次のページは、エンゲージにダイヤを贈る意味について。