スペインではどう祝う?

秋も深まり、街を歩いていると、カボチャやお化けのデコレーションが目に入るようになってきました。日本では、ハロウィンと言えば、小さな子供たちがお化けや魔女の仮装をして楽しむイベントとしてすっかり定着していますが、スペインではどのように祝われているのでしょうか。

仮装は2月のカーニバルで

仮装

子供たちは仮装が大好き

最近は、スペインでも、10月31日に生徒たちに仮装して登校させる学校も増えたようですが、スペインで仮装と言えば、2月のCarnaval(カルナル、謝肉祭)が最も盛り上がるイベントとなっています。Carnavalの時期には、学校によっては、1週間毎日違う国をテーマにして、全生徒が手作りの衣装で仮装して登校するなど、子供たちもとても楽しみにしています。大変なのは家庭で衣装を手作りする両親で、もちろん市販の仮装グッズを買ったりもしますが、たいていの家庭では、子供のリクエストに応えて手作りの衣装を用意します。

¿De qué te vas a disfrazar?
デ  ス ア ディスフラ
何の仮装をするの。

Voy a disfrazarme de princesa.
イ ア ディスフラルメ デ プリン
プリンセスの仮装をするつもり。

ハロウィンの語源

そもそもハロウィンとは、All hallow's eve(諸聖人の日の前日)が語源であり、スペインでは、諸聖人の日であるDía de todos los santos(デア デ ドス ロス ントス、諸聖人の日)、11月1日が祝日となっています。諸聖人の日の前日であるハロウィンを祝う習慣は、最近になってアメリカ文化の影響で浸透してきました。スペインでは、伝統的に諸聖人の日を祝います。高齢者のなかには、未だにハロウィンという習慣を知らない人も多いのです。